企画・構想段階の機能と品質の決め方講座

だれも教えてくれない“機能定義活動の基本”と実務

2021年11月25日(木) 〜 2021年11月25日(木) 10:00 ~ 17:00
対象者

開発・設計の実務技術者、開発設計のプロジェクトリーダー、開発設計の中堅、管理者、開発設計の教育担当者、開発設計者を教育するコンサルタント

本講座を受講すると
  • 開発設計における“定義活動の重要性”を学べます。
  • 企画・構想段階の“定義活動とコスト”の関連を学べます。
  • 実務VEにおける機能・品質の考え方を学べます。
  • 事例を通して“機能・品質アプローチ技法”を学べます。
  • 機能系統図表法の詳細を学べます。
  • 概要設計書への展開とトレーサビリティの考え方を学べます。
  • AI時代の”機能と品質創りの在り方”を共に考えられます。
  • ”定義活動”徹底のための討議ができます。
講師

吉見 三郎 氏 CVS

メッセージ

製品化を急ぐ余り、変更が重なり開発が後戻りした経験があると思います。競争力ある製品ができない、利益が出ない、品質が悪い、日程が狂うなどの原因の大半は、“機能・品質の定義”不足にあり、関係者は日程厳守で事を進め、設計変更など信用のロスやコストダウン活動などの時間ロスで大損していることに気づかないのです。

徹底した“機能・品質の定義”が開発の諸問題を解決し、ISOを先手先手で行う実務VEです。“機能・品質アプローチ技法”は、開発を後戻りさせずVE思考を定着させプロの人材を育成します。

“開発をみんなでやれば怖くない”時代は終わりました。機能・品質の実務をマスターし、確実で大きな利益を勝ち取りましょう。

また当講座はVE・原価企画を実務で使う実践コストエンジニアリング講座の“機能と品質の決め方”を補講するもので、お時間ありましたら“原価企画の留意点”など他2講座もご活用ください。

プログラム
  1. だれも教えてくれない“開発設計の基本”

1)実践コストエンジニアリングとその背景

➣ 開発の失敗例とその要因で気づいたこと

➣ 普段通り当たり前のことができることが大切

➣ 実践コストエンジニアリングの背景

2)だれも教えてくれない“開発設計の基本”について

➣“開発設計の基本”とは?

  1. 機能アプローチと品質アプローチについて

1)機能と品質アプローチ概要、手順

➣ 機能と品質アプローチの必要性

➣ 機能の制約条件と品質の概念について

2)機能系統図表法を携帯ライト事例で解説

3)機能・品質定義演習(ヘヤードライヤー)

  1. 開発設計の成功は定義活動で決まる

1)企画段階の定義活動とは

➣ イノベーションを起こすポイントと事例

➣ 最上位目的と使用者・関係者の追求

➣ 企画構想の実務は“具体化4サイクル”に徹する

2)構想段階の“機能・品質定義活動”とは

➣ 構想段階の定義活動で高品質な開発が決まる

➣“機能を考え、機能で考える”実務でのス2テップVE

➣ 機能系統図表法を活用した“機能・品質の定義”応用

➣ ISOを先行、概要設計書への展開

3)詳細設計の定義活動

➣ 後戻りさせない詳細設計の定義活動

➣ 原価企画とのかかわり(“FQCD+R”の徹底)

(生産段階での効率良い2nd Look VE)

  1. まとめ

1)定義活動で得ること(4つの得)

2)AI時代の在り方

  1. 意見交換

1)どうしたらVEを日常に使ってもらえるか?

ご注意事項

受講用URLのご案内

開催日の2営業日前までに受講用URLをメールでお送りいたします。

受講料のお支払い方法

お申し込み時に請求書による銀行振込、PayPalによるオンライン決済のいずれかを選択ください。

キャンセル規定

お申し込みをキャンセルされる場合は、開催日の5営業日前(土日祝日を除く)までに必ずご連絡ください。ご入金を確認後、返金手数料(振込手数料分)を申し受け受講料を返金いたします。以降は下記のとおりキャンセル料を申し受けますのでご了承ください。

※開催4営業日前~前日(土日祝除く)・・・・受講料の50%
※開催日当日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 受講料の全額

(本件担当:鈴木)

受講料

(税込)

一 般: 28,600 円  会 員: 22,000 円   VE有資格者: 24,200 円

会場名

オンライン(Microsoft Teams使用)

【DCコース】お申込フォーム

申込講座名|日程 必須
※受講されるものにチェックしてください。
【コストテーブル作成・活用の体験】【開発設計業務でのコストエンジニアリング】【企画・構想段階の機能と品質の決め方】【DFA(Design for Assembly)体験】【企画から生産までの原価企画実務上の留意点】【SDGsを睨んだUD(ユニバーサルデザイン)の評価&対策の体験】

必須

必須

姓フリガナ 必須

名フリガナ 必須

会社名 

部署

役職

住所区分 必須
※請求書及び配布資料のご送付先となります。どちらかを選択して以下にご送付先の郵便番号、住所をご記入ください。請求書と配布資料のご送付先を別にしたい場合は、こちらに請求書のご送付先を記入し、配布資料のご送付先を通信欄にご記入ください。
会社自宅

郵便番号 必須

-

都道府県 必須

市区 必須

町番地 必須

ビル名

電話番号 必須

E-mailアドレス 必須
※受講用のURLを開催日の2営業日前までにメールでお送りいたします。

申込区分 必須
一般会員VE有資格者

E-mailによるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。

郵便によるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。
はい

現在保有しているVE資格
  VELVESなし

VE資格者登録番号(資格者の方)
  

複数の講座に申込される場合のご請求
申込講座すべての参加費を1枚の請求書でご請求する1講座ずつ別々に(複数枚の請求書で)ご請求する

通信欄※請求書発行に関するご希望などございましたらご記入ください。