第47回VE関西大会 開催しました

開催日

2016年2月19日(金)

原価企画とVE ~創造力と熱意が未来を築く~

大会コンセプト

企業業績の回復にともない、日本経済の好循環に向けた動きが感じられるようになってきておりますが、相変わらず事業環境の変化は大きく、国内外を問わず稼ぐ力の向上が求められています。

このような状況下でさらなる成長を遂げ、勝ち残っていくためには、VEと原価企画を駆使し、そして熱意をもって新たな価値を創造していくことが必要不可欠です。

本大会では、「原価企画とVE~創造力と熱意が未来を築く~」をコンセプトに、時代にあったVEと原価企画を効果的に活用するためのヒントやノウハウが満載のプログラムをご用意しました。皆さまのご参加を心からお待ちしております。

後援

公益社団法人大阪府工業協会/公益社団法人京都工業会/公益社団法人兵庫工業会

null

VE関西大会

一般:15,000円 / 日本VE協会会員・会員の紹介・後援団体の会員:14,000円

※さらに有資格者(VEL・VES・CVS)の方は、上記金額より1,000円割引きいたします。

 

懇親会

参加費:3,000円(ただし、当日申込の場合は、5,000円) 時間:17:15~19:00

 

会場名

大阪国際交流センター(大阪市天王寺区)

会場住所

大阪府大阪市 天王寺区上本町8−2−6

地図

Googleマップで開く

資料

4/28/16 10:00

開会あいさつ

公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会
西日本支部 支部長 瀧浪 秀元

4/28/16 10:10

基調講演

「イノベーション創造型VE ~日本企業が実践すべきイノベーション活動とその戦略~」

日本企業の“強み”は、「新技術の開発・応用力」と「管理技術に基づく問題解決力」の絶妙な統合力であるが、今後は、さらに未来思考に基づく革新的イノベーションの展開が欠かせない。具体的には、イノベーション創造型VEの実践によって、フロントランナー戦略を推進することである。

早稲田大学 創造理工学研究科経営デザイン専攻
客員教授 博士(工学) CVS 澤口 学氏

【略歴】慶応義塾大学工学部数理工学科卒業、早稲田大学理工学研究科後期博士課程修了。機械系の商社勤務を経て、1985年に産業能率大学バリューマネジメントセンター入職、 同学経営学部教授。早稲田大学大学院創造理工学研究科経営デザイン専攻教授を経て現職。

NPO法人日本TRIZ協会副理事長。公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会参与。

長年、製造企業のR&D・設計部門を対象に実践的な次世代事業戦略、価値創造設計の方法論を開発してきた。専門は、VE、TRIZなど。
著書に「日本式モノづくり工学入門~イノベーション創造型VE/TRIZ」(同友館/2015年3月)、  「逆転発想による創造的リスクマネジメント」(同友館/2017年7月)などがある。

 

4/28/16 11:10

VE先進企業に学ぶ(2015年度「マイルズ賞」受賞報告から)

 「マツダの原価企画とVE」

VE導入は1979年。それ以降、途切れることなく36年間にわたって活動を継続している。その特徴はテアダウンによるベンチマーキングを主軸とするVE推進体制にあり、業界および企業規模、企業風土に合致した高効率活動を展開している。

マツダ㈱ 原価企画本部 コスト革新推進部 VEセンター 参事 VEL 鈴木 隆氏

4/28/16 11:40

技術講演

 「商品企画VE(コンセプト・メーキングVE)の考え方と進め方 ~驚きと感動を与える商品の創出を目指して~」

ユーザーに驚きと感動を与える商品を企画するためには、潜在的顧客ニーズの探索と独創性の付加が必要といえる。VEアプローチでその実現を目指すコンセプト・メーキングVEの全面的改定を実施した。そこで、その考え方と実践的進め方について紹介する。

公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会
西日本支部 コンセプト・メーキングVEレベルアップ研究会 主査 CVS 谷 彰三氏

4/28/16 12:10

昼食・休憩(50分)

お弁当をご用意しております。

4/28/16 13:00

原価企画活動報告

「デンソーのVE活動 ~原価企画を支えるVE実践~ 」

デンソーのVE活動について過去との違いを含め報告する。具体的には、VEを推進するためのツールや人材育成について述べ、原価企画活動を主体的に行う技術リーダーの育成だけでなく、 活動を推進する事務局育成でVEを実践し活性化していることを報告する。

㈱デンソー コーポレートセンター 原価企画室 企画1課長  CVS 北谷 佳彦氏

4/28/16 14:00

休憩(15分)

4/28/16 14:15

原価企画フォーラム

「原価企画活動を進めるための仕組み、仕掛け ~活き活きとした原価企画活動のために~」

原価企画活動を商品開発サイクルに組み込み、効果的に実践すると大きな成果があるとされている。しかし、原価企画活動を導入したものの思うような成果が得られないケースも見受けられる。本フォーラムでは、活き活きとした原価企画活動を実践し、成果を上げている企業での実例を紹介しながら議論し、ヒントを探る。

<パネリスト>

マツダ㈱ 原価企画本部 原価企画部 部長 山本 秀樹氏

㈱デンソー コーポレートセンター 原価企画室 企画1課 担当係長VEL 竹庵 憲治氏

川崎重工業㈱ モーターサイクル&エンジンカンパニー 技術本部 コスト開発部 基幹職 VES沼田 賢三氏

<コーディネータ>

㈱ノーリツ 研究開発本部 開発技術企画部 第1グループ リーダー VES川内 一哉氏

4/28/16 15:45

休憩(10分)

4/28/16 15:55

特別講演

「国産民間旅客機MRJの開発と今後 」

三菱航空機は、日本初のジェット旅客機となる次世代リージョナルジェット機MRJの量産に向けて、 開発を推進している。MRJは従来機と比較して20%以上も優れた燃費性能や大幅な騒音・排ガス 削減によって、エアラインの競争力と収益力向上に大きく貢献し、さらには環境保全にも寄与する。 現在、MRJは初飛行を無事終え、飛行試験作業や機体完成度の向上を順次進めている。 今後、MRJが国際的な民間航空機市場において勝ち残る為の最先端技術、航空機産業の展望についてお話しする。

三菱航空機㈱ 取締役 副社長 執行役員 チーフエンジニア
岸 信夫氏

【略歴】

1982年4月1日  三菱重工業株式会社入社 名古屋航空機製作所第2技術部配属

2002年9月                         同  社       名古屋航空宇宙システム製作所 航空機技術部 基礎設計課長

2009年4月                         同  社       航空機技術部       次長

2010年11月       三菱航空機株式会社

2012年1月                         同  社       MRJチーフエンジニア

2013年1月                         同  社       執行役員チーフエンジニア

2013年7月                         同  社       執行役員技術本部長兼チーフエンジニア

2015年1月                         同  社       副社長執行役員技術本部長 兼 チーフエンジニア

2015年4月1日  三菱航空機株式会社 取締役副社長執行役員

兼 三菱重工業株式会社 交通・輸送ドメインMRJ事業部長(現職)

4/28/16 16:55

閉会あいさつ

公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会
西日本支部 副支部長 CVS谷 彰三

4/28/16 13:00

【VEセッション】①② 13:00~15:45

別ルームにて開催します。(募集定員60名)

4/28/16 13:00

VEセッション①

VE事例紹介(13:00~13:30)

「行政サービスの価値向上に向けたVE導入・推進事例 ~合言葉は誰のため 何のため~」

本市では、建設関係部署で推進してきたVEを「全ての施策をゼロベースで再検討・再構築していく」ための考え方・技術として、2013年度に全庁導入した。人材育成・組織風土変革などを軸に、行政サービスの価値向上をめざす本市の取組を紹介する。

福山市企画総務局  企画政策部企画政策課 影山  克行氏

VE技法紹介(13:30~14:00)

 「効果的なアイデアをたくさん生み出すための機能系統図の作り方」

教科書通りに、VE実施手順に従ってVE活動を実施しても、大きな成果に中々結びつかないことがある。本発表では、VE実施手順の各ステップの本当の意味を理解して、効果的なアイデアを 多く生み出すための機能系統図の作り方について、事例を交えて紹介する。

㈱IHI  航空宇宙事業本部民間エンジン事業部  技術部主幹  CVS 薄衣  光明氏

 

4/28/16 14:00

休憩(15分)

4/28/16 14:15

VEセッション②

VEフォーラム

 「VEの導入・実践のためのフォーラム ~VE推進責任者に聞く、VE成功のノウハウ~」

「VEを導入したいが、どのようにすればよいのか?」、「トップの理解が得られない」「VE活動が活性化しない」「関係部門の協力が得られない」など VEの導入やVE実践上の悩みを一緒に解決しませんか。VEの「導入」「定着」「活性化」「マネジメント」「教育」など、VEについてお悩みの方は、この機会にぜひご参加ください。

<パネリスト>

イオンディライトアカデミー(株) 代表取締役社長 CVS西垣 晃志氏

三菱日立パワーシステムズ(株) サービス戦略部 高砂サービス部 CVS赤城 弘一氏

三菱電機(株) 資材部 原価企画グループ グループマネージャー CVS村井 康治氏

(株)北川鉄工所 調達本部 調達企画課 課長
VES小畠 誠氏

<コーディネータ>

西日本旅客鉄道(株)鉄道本部 技術開発部 主席
CVS松枝 信一氏

【2/18開催】第52回VE関西大会 Microsoft Teams視聴用 お申込フォーム

内容を確認して送信ボタンを押してください。

必須

必須

姓フリガナ 必須

名フリガナ 必須

会社名 

部署

役職

住所区分 必須
※請求書のご送付先住所となります。どちらかを選択して以下にご送付先の郵便番号、住所をご記入ください。
[会社]を選択した場合、必ず部署名をご記入ください。(請求書が「宛先不明」で返送されることがあります)

会社自宅

郵便番号 必須

-

都道府県 必須

市区 必須

町番地 必須

ビル名

電話番号 必須

E-mailアドレス 必須
※参加票はメールでお送りいたします。

支払方法 必須
銀行振込(請求書払い)クレジットカード(PayPal)

E-mailによるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。

郵便によるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。
はい

Microsoft TeamsでのWEB会議への参加は初めてですか?
はい、初めてですいいえ、参加したことがあります

現在保有しているVE資格
VELVESCVSなし

業種
製造業建設業(含・建設コンサルタント)官公庁・地方自治体・公共機関サービス業(IT・金融・流通・外食等)電力・ガス・道路等のインフラ関係自営業(個人コンサルタント等)コンサルティング会社(建設業以外)大学・専門学校・教育機関その他

通信欄※請求書発行に関するご希望などございましたらご記入ください。

次のものを選択してください star