VE活動で求められるファシリテーションの実践

日時

【1日目】2024年8月 2日(金) 10:00~17:00
【2日目】2024年8月20日(火) 10:00~17:00
【3日目】2024年8月28日(水) 14:00~17:00

<Microsoft Teamsによるオンライン開催です>

概要・ゴール

VE活動に関わるファシリテーターとして備えるべきファシリテーションの知識と技術(スキル)を、講義と演習を通じて実践的に修得します。

どのような人材の育成に役立つか?
  • 管理職であるないにかかわらず、タスクやプロジェクトをチームとしてリードできる人材
企業側のメリット
  • メンバー間のコミュニケーションが効率化され、チームのパフォーマンスが向上します。
対象者
  • VEコンサルタント
  • VE活動のリーダー及びファシリテーター
  • VEスペシャリスト(VES)・CVS資格の取得を目指す方
  • VES・CVS有資格者の方
  • 組織、グループのリーダーあるいはメンバーとしてチームパフォーマンスを向上させたい方など

※「ファシリテーション入門講座」と「話し合いをデザインする技術講座」のいずれか1講座とこの講座を受講・修了した方は、CVS認定試験の受験資格要件(ファシリテーション学習活動)を満たします。
※VES・CVS有資格者の方は、VES更新要件(関連活動)・CVS更新要件(ファシリテーション講座の受講)のポイント対象となります。

講師

澤口 学(さわぐち まなぶ)氏 博士(工学)、CVS-Life
立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科教授
東北大学大学院工学研究科客員教授

慶応義塾大学工学部数理工学科卒業、早稲田大学大学院理工学研究科後期博士課程修了、鉄鋼系商社の総合職を経て、産業能率大学バリューマネジメントセンターに研究員として入職。その後、産業能率大学総合研究所教授を経て、同大学経営学部教授に就任。その後、早稲田大学大学院創造理工学研究科経営デザイン専攻教授、客員教授、立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授を経て、現在に至る。その他に、早稲田大学理工学術院非常勤講師、NPO法人日本TRIZ協会副理事長を兼務。長年、製造企業のR&D・設計部門を対象に実践的な次世代事業戦略、価値創造設計の方法論を開発してきた。専門は、VE、TRIZ、イノベーション・マネジメントなど。著書に『はじめての企画・開発メソッド~0 Look VE/1st Look VE~』(同友館)、『不便益の実装ーバリュー・エンジニアリングにおける新しい価値』(近代科学社Digital)、『日本式モノづくり工学入門~イノベーション創造型VE/TRIZ』(同友館)などがある。

受講に必要な環境

本講座は、WEB会議ツール Microsoft Teams を使って行います。
Microsoft Teamsのアクセス方法と使い方については、「Teams会議に参加するには」をご参照ください。

口頭での質疑応答、講師からの問いかけをさせていただくことがあります。その際は、マイクをONにしてご参加ください。
本講座では、Teamsのブレイクアウトルームを使用してグループ演習を行う予定です。グループごとにExcelのワークシートを共有して作成します。演習には、カメラ、マイクをONにしてご参加ください。

申込期間

2024年7月26日(金)まで

最少開催人数

5名

受講料(1名様)

一般:94,710円 / 会員:86,053円 / VE有資格者:90,090円(税込)

※ 下記は、2024年度の「ファシリテーション入門講座」と「話し合いをデザインする技術講座」のいずれか1講座もお一人様で申込される場合の受講料(税込)
一般:112,035円 / 会員:101,640円 / VE有資格者:106,832円

プログラム概要
〔1日目〕

1.企業活動とVE

2.ファシリテーションとVE活動

  3.ファシリテーターに求められる4つの技術

  4.VE活動と主なファシリテーション技術

1)VE活動と主なファシリテーション技術〔その1〕
・機能定義に関する個人演習

2)VE活動と主なファシリテーション技術〔その2〕
・創造性に関するチェック
・創造性思考力に関する個人演習

〔2日目〕

3)VE活動と主なファシリテーション技術〔その3〕
・意思決定に関する個人及びグループ演習

4)VE活動と主なファシリテーション技術〔その4〕
・交渉理論に関する個人及びグループ演習
・コミュニケーションスキルに関するグループ演習

5.Q&A/まとめ
2日目終了後、上記の学習内容に関する課題についてレポートを作成し、期日までに提出(3日目の3時間分に充当)。

〔3日目〕

6.上記のレポートに関してのコメント等
7.講座全体に関してのヒヤリングと、その結果にもとづいた振り返り及びまとめ

ご注意事項

受講用URLとテキストのご案内

受講用URLとテキストは、2024年7月29日(月)以降、7月31日(水)までにメールでお送りいたします。

受講料のお支払い方法

お申し込み時に請求書による銀行振込、PayPalによるオンライン決済のいずれかを選択ください。

キャンセル規定

お申し込みをキャンセルされる場合は、2024年7月26日(金)までに必ずご連絡ください。ご入金を確認後、返金手数料(振込手数料分)を申し受け受講料を返金いたします。以降は下記のとおりキャンセル料を申し受けますのでご了承ください。

※テキスト発信後のキャンセル、当日欠席:受講料の全額

(本件担当:鈴木)

2024VDS02申込フォーム

申込講座 必須
※受講されるものにチェックしてください。
【7/10】ファシリテーション入門【7/11】VEで活用するアイデア発想【7/23】VEの原点的思考【7/26】企画段階のVE【8/2・20・28】VE活動で求められるファシリテーションの実践【9/4】機能の整理法【9/11】VEに活かす “数字力” 養成【9/26-27】開発設計のVE【10/3】VEを組織的に適用するためのマネジメント【10/10】話し合いをデザインする技術【10/11】「目からウロコ」の見積業務【10/4】VEブラッシュアップ講座①基本編【10/17】VEブラッシュアップ講座②短文記述編【10/25】VEブラッシュアップ講座③論述編

※受講される方1名様の情報を入力してください。複数名様で受講される場合は、お一人ずつお申し込みください。

必須

必須

姓フリガナ 必須

名フリガナ 必須

会社名 

部署

役職

住所区分 必須
※テキスト、請求書のご送付先住所となります。どちらかを選択して以下にご送付先の郵便番号、住所をご記入ください。
会社自宅

郵便番号 必須

-

都道府県 必須

市区 必須

町番地 必須

ビル名

電話番号 必須

E-mailアドレス 必須
※受講用URLは各開催日の2営業日前までにメールでお送りいたします。

申込区分 必須
一般会員VE有資格者VDA生

受講料のお支払い方法 必須
銀行振込(請求書払い)クレジットカード(PayPal)VDA生

請求書の送付方法
※上記でお支払い方法に銀行振込を選択された方のみご回答ください。
郵送PDFをメールで送付

E-mailによるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。

年齢

現在保有しているVE資格
VELVESCVSなし

VE資格者登録番号(資格者の方)
  

VES,CVS受験予定
VESCVSなし

業種
製造業建設業運輸業情報通信業サービス業官公庁・公益法人電気・ガス・水道業コンサルティング業卸売・小売業金融・保険業不動産業医療・福祉教育・学習支援業その他

職種
設計生産技術研究開発企画開発資材購買調達品質管理土木建築施工・工事監理積算VE推進原価企画経営企画法務・審査総務・庶務経理・財務人事・労務管理事務営業広報マーケティング教育システム開発情報システムコンサルタントその他


以下のアンケートにお答えください。

本講座をどちらでお知りになりましたか?(複数選択可)
インターネット検索VE協会からのEメール社内担当者からの案内上司の勧め友人・知人の勧め会社方針その他

※上記でその他を選択された場合、媒体名等をご記入ください。

通信欄※請求書発行に関するご希望などございましたらご記入ください。入力の際、改行しないようお願いいたします。

次のものを選択してください car

※一時的に通信が不安定になった場合、送信後にエラーメッセージ(送信に失敗しました)が表示されることがあります。時間をおいて再度お試しいただくか、上記お申し込み情報をメールにてお送りください。送信先:vschool@sjve.org