第55回VE関西大会

開催日

2024年2月16日(金) オンデマンド配信:3月1日(金)~15日(金)


■参加のおすすめ

企業に要求されることは、お客様の満足が得られる製品やサービスをタイムリーに提供することです。しかも、提供する製品やサービスは、企業に適正な利益をもたらすものでなければなりいません。これを実現するための有効な方法論が原価企画とその中核技術であるVEです。

そこで本大会では、原価企画の導入から定着と効果的な活用の工夫や原価企画の発展についての講演やパネルディスカッションを行います。さらに、効果的なVE活動の進め方や大きな成果を上げたVE実践事例・テアダウンの活用事例について紹介します。皆様方の積極的なご参加をお勧めします。

■パンフレット

下記をクリックすると大会パンフレットをご覧いただけます。

 

■参加方法・開催日時・開催場所(方法)

参加方法 開催日時 開催場所(方法) 定員
会場参加 2024年2月16日(金)10:00~17:00 大阪国際交流センター
大会議室 さくら
90名
オンライン参加 2024年2月16日(金)10:00~17:00 Microsoft Teamsによるライブ配信 250名
オンデマンド配信 2024年3月1日(金)~15日(金) ネクプロウェビナーによるオンデマンド配信

 

●情報交換会
参加費:4,400円(消費税含む)
時間:17:15~19:00

本大会の講師・発表者の方々や各社のVE担当者が一堂に会します。当日の発表内容に関する質問や日頃の活動の疑問点などを聞く絶好の機会です。VE関係者とのヒューマンネットワーク構築の場として参加をお勧めします。

 

●参 加 費
一般:16,500円・会員/会員の紹介/後援団体の会員/VE有資格者:15,400円
(資料代・消費税込み)※参加費は参加方法に関わらず同価格となります。

大会資料には、2月16日当日の資料の他、オンデマンドのみで配信する過去の講演・VE事例等の資料も含まれます。

大会資料は別途ダウンロードいただく形となります。開催日前にダウンロード方法をご案内します。

情報交換会参加の場合は、別途4,400円(税込)が必要となります。

 

●締 切 日 

2024年2月9日(金)

 

●オンデマンド配信

下記の期間であれば、興味のある録画をいつでも、何度でもネット上でご視聴いただけます。

  • 配信期間:2024年3月1日(金)~15日(金) 15日間

動画視聴マニュアル_230526

会場参加またはオライン参加された方は、オンデマンド配信も参加可能となります。

オンデマンド配信のみの参加も可能です。

  • 配信ツール:ネクプロウェビナー(アプリのダウンロードは必要ありません)
  • 配信内容:
  1. 2月16日(金)当日のプログラムの録画
  2. 過去の講演・VE事例等

※下記をクリックすると今回オンデマンド配信する過去の講演・VE事例等をご覧いただけます。


■Microsoft Teams 参加方法について

Microsoft Teams 参加方法

■ネクプロウェビナー 動作環境チェック

以下より動作環境をチェックいただけます。

https://v2.nex-pro.com/live_check

■交通障害時、感染症急拡大時、及びオンラインツール障害時の対応について

  • 大会当日、天候不順等に伴う交通障害が発生した場合や感染症が急拡大した場合など、会場での開催をやむを得ず中止することがございます。
    ※会場での開催を中止した場合は、オンライン配信、または後日のオンデマンド配信で視聴願います。
  • 大会当日、弊会またはお客様のいずれかまたは両方のインターネット回線等の影響により、画像・音声が乱れることがあります。
  • 大会当日、オンラインツール側の接続障害等不測の事態が発生した場合、オンライン配信を一時中断またはやむを得ず中止することがございます。あらかじめご了承ください。
    ※中断または中止した場合は、オンデマンド配信で視聴願います。

 

■キャンセルについて

お申込み後、ご都合の悪くなった場合は参加者の変更をお願いします。
代わりの方のご都合がつかない場合は、2024年2月12日までにご連絡をお願いします。
2024年2月13日以降は参加費の100%をキャンセル料として申し受けますので、あらかじめご承知おきください。

■第55回VE関西大会 団体専用申込書

1社につき複数名参加申込の場合は、「団体専用申込フォーム(Excel)」をダウンロードし、必要事項を入力の上、メールでお送りください。

第55回関西VE大会団体申込書

■基調講演 講師紹介

「原価企画の利益企画・価値企画への発展 ~ユーザーイン思考のVEを踏まえて~」
東京理科大学 名誉教授・工学博士 CVS 田中 雅康 氏

略歴

1935年生まれ。東京理科大学名誉教授、広島都市学園大学特任教授・学術顧問。工学博士(東京理科大学)。日本バリュー・エンジニアリング協会顧問、米国VE協会フェロー。日本管理会計学会会長、日本経営システム協会会長などを歴任。50年以上にわたって原価企画の研究会を主宰し、数十社に原価企画の導入を指導。世界における原価企画研究の第一人者。日本公認会計士協会中山賞、日本VE協会研究開発功績賞、日本原価計算研究学会賞、日本IE協会学術文献賞、米国VE協会会長賞などを受賞。著書は「VE(価値分析)」「原価企画の理論と実践」「利益戦略とVE」「VEハンドブック」「原価企画と開発購買戦略」「エンジニアのための原価の知識とその活用」など。

【講演要旨】

原価企画という言葉が誕生して20年が経ちました。この間、原価企画は深化し発展して利益企画となり、さらに価値企画へ進まんとしています。今回はこれらの発展経緯と概略をお話しすると共に、この背後にある「価値概念」の広がりが必要であることを述べます。これはVEにも必要なことだと思います。

 

■特別講演 講師紹介

「大変革期を勝ち抜くトヨタの原価企画」
SBI大学院大学研究科長・教授 名古屋大学客員教授
レイヤーズコンサルティング(株)顧問
元トヨタ自動車(株) 北米R&D  原価企画部長 小林 英幸氏

略歴

1980年 名古屋工業大学工学部情報工学科卒業、トヨタ自動車工業㈱入社。2011年 名古屋商科大学大学院マネジメント研究科修了(MBA)。2016年 トヨタ自動車㈱退職、SBI大学院大学教授就任。2017年 名古屋大学大学院経済学研究科後期博士課程修了(博士(経済学))。トヨタ自動車では設計、製品企画、原価企画を担当。1989年から3年間設計者として、及び2003年から4年間原価企画部長として、米国子会社勤務。2012年から4年間、原価企画社内教育主任講師。

【講演要旨】

自動車産業は100年に1度の大変革期にあります。EVの販売で苦戦が伝えられるトヨタですが、巻き返すのに必要なものは適切な製品戦略とコスト競争力でしょう。トヨタは創業以来、原価企画を磨き上げてきました。その仕組みをお伝えしながら、トヨタの勝機について考えます。

 

■よくある質問

オンライン視聴などに関して、詳しくはこちらをご覧ください。

参加費

一般:16,500円  会員/会員の紹介/後援団体の会員/VE有資格者:15,400円(資料代、消費税込み)

 

 

 

会場名

大阪国際交流センター/オンライン

地図

Googleマップで開く

資料

2/16/24 10:00

開会あいさつ

公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会

西日本支部 支部長 磯貝 太郎

2/16/24 10:10

基調講演

「原価企画の利益企画・価値企画への発展 ~ユーザーイン思考のVEを踏まえて~」

原価企画という言葉が誕生して20年が経ちました。この間、原価企画は深化し発展して利益企画となり、さらに価値企画へ進まんとしています。今回はこれらの発展経緯と概略をお話しすると共に、この背後にある「価値概念」の広がりが必要であることを述べます。これはVEにも必要なことだと思います。

東京理科大学 名誉教授・工学博士 CVS  田中 雅康 氏

2/16/24 11:20

休憩(10分)

2/16/24 11:30

VE先進企業に学ぶ(2023年度VE活動優秀賞受賞)

「三菱重工機械システムのVE活動について」

2020年からスタートしたVE活動について紹介します。トップの強い意志の下にスタートし、各部門を巻込んで、それぞれの価値向上に取り組みました。VE実践活動は毎年テーマを掘り起こし、成果を上げ続けています。今年度の取組みも合わせて報告します。

三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部
本部長代理 VEL  高畠 雅哉 氏

2/16/24 12:00

休憩(60分)

2/16/24 13:00

事例発表

「ヤマハ発動機におけるテアダウン活動の変遷とこれから」

弊社でモーターサイクルに関するテアダウン活動が始まり約15年。この間、コストダウン案の抽出を主目的とした活動から、モデルの価値向上を目指した活動へと変わってきています。そこで、弊社におけるテアダウンの具体的な手法・事例について紹介します。

ヤマハ発動機(株)原価革新部原革PJ推進G 主事 藤田 真士 氏

2/16/24 13:30

事例発表

「業務のモヤモヤをVEで改善!GHPメンテナンス契約業務への適用」

東京ガスコミュニケーションズでは2021年より、東京ガスグループの調達改革に貢献するためVEへの取り組みを開始しました。今回は、官公庁のお客さまを対象としたGHP(ガスヒーポン)メンテナンス契約業務において、多重で複雑化した業務管理をひとつひとつ紐解き、改善の糸口をつかんだ事例を紹介します。

東京ガスコミュニケーションズ(株)マーケティング部
VEL  浅野 暁子 氏

2/16/24 14:00

休憩(15分)

2/16/24 14:15

原価企画パネルディスカッション

「原価企画の導入から定着・活性化の工夫」

原価企画の有効性は認識しているものの、うまく導入できない、あるいは、導入はできたものの定着できないなどの問題意識をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

そこで、原価企画を導入・実践して大きな成果を上げている各社の原価企画の責任者に「原価企画の導入から定着・活性化」のノウハウをご紹介いただき、効果的な原価企画の導入・定着・活性化の方法についてディスカッションします。

<パネリスト> 

元(株)デンソー コーポレートセンター 原価企画室長  CVS
萩尾 禎正 氏
(株)ノーリツ  資材購買本部 原価企画部長  VES  川内 一哉 氏
三菱電機(株)  資材部 原価企画グループマネジャー  CVS
玉山 等 氏

<コーディネーター>

バリューアップ研究所 代表 CVS  谷 彰三 氏

2/16/24 15:50

休憩(10分)

2/16/24 16:00

特別講演

「大変革期を勝ち抜くトヨタの原価企画」

自動車産業は100年に1度の大変革期にあります。EVの販売で苦戦が伝えられるトヨタですが、巻き返すのに必要なものは適切な製品戦略とコスト競争力でしょう。トヨタは創業以来、原価企画を磨き上げてきました。その仕組みをお伝えしながら、トヨタの勝機について考えます。

SBI大学院大学研究科長・教授 名古屋大学客員教授 レイヤーズコンサルティング(株)顧問

元トヨタ自動車(株) 北米R&D  原価企画部長 小林 英幸 氏

第55回VE関西大会 お申込フォーム

内容を確認して送信ボタンを押してください。

必須

必須

姓フリガナ 必須

名フリガナ 必須

会社名 

部署

役職

参加形態 必須
日本VE協会の会員会員の紹介後援団体の会員VE有資格者一般

紹介企業名 ※上記参加形態で「会員の紹介」の方は、紹介企業名をご記入ください。

参加方法 必須
2月16日会場参加と3月1日からのオンデマンド配信を視聴2月16日オンライン(Teams)参加と3月1日からのオンデマンド配信を視聴3月1日からのオンデマンド配信のみを視聴

情報交換会 ※参加の場合は「参加する」を✓してください。
参加する

住所区分 必須
※請求書のご送付先住所となります。どちらかを選択して以下にご送付先の郵便番号、住所をご記入ください。
※送付先が「会社」の場合は、【会社名】【部署】を入力してください。

会社自宅

郵便番号 必須

-

都道府県 必須

市区 必須

町番地 必須

ビル名

電話番号 必須

E-mailアドレス 必須
※参加票はメールでお送りいたします。

支払方法 必須
銀行振込(請求書払い)クレジットカード(PayPal)

E-mailによるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。

郵便によるご案内
※希望される場合は「はい」を✔してください。
はい

現在保有しているVE資格
VELVESCVSなし

業種
製造業建設業(含・建設コンサルタント)官公庁・地方自治体・公共機関サービス業(IT・金融・流通・外食等)電力・ガス・道路等のインフラ関係自営業(個人コンサルタント等)コンサルティング会社(建設業以外)大学・専門学校・教育機関その他

通信欄※原価企画に関する質問のある場合は、ここに入力してください。

フォームを送信できない場合は、下記より『団体専用申込書(excel)』をダウンロードいただき、
conf-west@sjve.org まで添付してお送りください。(1名様からでもご利用いただけます)
「団体専用申込書(excel)」ダウンロード

次のものを選択してください 飛行機