開発設計業務でのコストエンジニアリング講座

配信期間:2022年10月11日(火) ~ 2022年10月28日(金)

視聴時間:4時間30分(この他、自身で演習を行う時間も必要)

概要

● 日常業務に “VE・原価企画” のキーポイントを溶け込ませ、全ての開発設計者が基本を実践することで良い
開発ができるようになることを目的としています。

● 次のことが学べ、身に付きます。
* “実践コストエンジニアリング” による実務のやり方
* 開発設計業務でのコストマインドの重要性
* 開発設計の基本である“FQCD+R(機能・品質・コスト・日程+リスク)”の考え方を使った実務の基本
* 実務におけるVEと原価企画のキーポイント
* 機能系統図表法を活用した機能・品質の創り方
* 機能と品質の概要設計書からコストへの展開
* 変更に追従した、実務での日程・リスクの考え方
* 普段から “開発設計の基本” をやることの大切さ

● 講座で説明するポイントは、自分が変われば直ぐに活用できることばかりです。

● 本講座では開発業務全般をお話しするため、“原価企画の留意点” や “機能と品質の決め方” など説明しきれない内容を別に2講座設けております。

対象者

● 開発・設計の実務技術者
● 開発設計のプロジェクトリーダー
● 開発設計の中堅、管理者
● 開発設計の教育担当者
● 開発設計者を教育するコンサルタント
● VEコンサルタント
● VE活動のリーダー・メンバー
● VEスペシャリスト(VES)・CVSの方
● VES・CVS資格の取得を目指す方など

講師

吉見 三郎 氏 CVS

【略歴】 日本電子㈱にてVE・原価企画を使った開発設計の実務を36年。設計戦略、VE・原価企画の推進を12年。この経験を活かし開発設計実務者向けの“実務に即した開発設計の基本”を18年研究してきた。2011年にVE普及功労賞受賞。独立後は、同企業の新製品開発プロジェクトに入り“開発設計の基本”を活用した企画から市場導入までの実務を指導。数年に渡る開発設計の各段階とコスト関連ドキュメントを整理し、伝承した。その後、実例を活かし“開発設計の基本講座”を開講し、多くの実務者を教育。VE協会R&D研究会では底辺のVE拡大を目指し「だれでも解決7つ道具」を発行した。またVE協会での実務教育を旗印に2019年度より“実践コストエンジニアリング”を開催。20年度以降は、『もっと詳細を』との要望に答え、DCコースにて開発設計の実務3講座とした。現在も技術者の実務を重視し“底辺のVE・原価企画活動の推進、拡大”を目指し活動中。

プログラム

0. はじめに:実践コストエンジニアリングの背景、概要
1. だれも教えてくれない“開発設計の基本”

1)基本を正しく導くエンジニアのマインドとは
➣ 開発設計のプロは、日々どうあるべきか
➣ 求められるマインドは“なぜコストなのか?”
➣ 常に持ち続けるコストマインドが必要かつ重要

2)実践コストエンジニアリングとは
➣ だれにでもできる開発設計の基本“FQCD+R”法
➣ コストをつくり込む“最低限のコスト知識”を知る
➣ VE、原価企画の歴史と概要など
➣“開発設計の基本”の演習(見積書作成)
➣ 画期的な製品を創り出す為の企画構想段階の基本

2. 実務に即したVE・原価企画の活用キーポイント

1)実務ではVEを“機能・品質定義とアイデア出し”に使う
➣ 情報収集の基本と効率的なユーザーニーズの抽出・整理
➣ 機能と品質を決める機能系統図表法
➣ 機能系統図表法を概要設計書に活用
➣ 機能系統図表法の拡張、ISO対応

2)実務のコストつくりは、原価企画で行う
➣ 売れる企画、利益の出る着想つくりは売価設定から
➣ 確度の高い利益は“正確な構想コストの算定”で決まる
➣ 変更に追従するコスト計算のやり方
➣ 他力のコストリスクを自力の計算でカバーする

3)変更に追従するリスクと日程の考え方
➣ 予定を狂わせない確実な日程の見積もり方法
➣ 損のない利益を確保するコストリスク計画の立て方

4)後戻りしない高効率な開発の進め方
➣ ナレッジマネージメントの活用

3. まとめ

 

受講料

一 般: 28,600 円 / 会 員: 22,000 円 / VE有資格者: 24,200 円(税込)

申し込み方法

申し込み期間:

2022年10月25日(火)【配信終了日の3営業日前】まで

受講料のお支払い方法:

銀行振込(請求書払い)又はクレジットカード

キャンセル:

2022年10月 6日(木)まで可能

 

配信方法

オンデマンド(期間中なら、いつでも・どこからでも・何度でもご視聴いただけます)

配信ツール

ネクプロ ウェビナー(アプリのダウンロードは必要ありません)
☛ 動作環境チェック:https://v2.nex-pro.com/live_check

受講用URL

● 配信開始前にお申し込みの場合:配信開始日の2営業日前までメールでお知らせいたします。
● 配信開始後にお申し込みの場合:お申し込み後2営業日以内にメールでお知らせいたします。

テキスト・教材

● 視聴ページにログイン後、概要欄からデータをダウンロードいただきます。
● 講義動画の視聴前に、ダウンロードすることも可能です。

演習

● 視聴ページの概要欄から資料データをダウンロードいただき、お好きな時に、お好きなところで行えます。
● 講師による解説動画も用意されています。

講義内容に関する質問

● 動画視聴中又は視聴後に、視聴ページから次の方法で行うことができます。
⑴ チャット:質問内容を投稿すると、講師からの回答を弊会が掲載します。投稿と回答の履歴はチャットに蓄積・公開されますので、投稿者以外の視聴者もご覧になれます。
⑵ 個別質問:弊会を通して、講師に質問内容を送ります。回答も弊会を通し、講師から質問者に送り、それらの履歴は一切公開されないため、質問者以外の視聴者はご覧になれません。

● 講師・弊会側の事情により、質問への回答は即日とならず、数日要する場合もありますので、あらかじめご了承願います。

 

オンデマンド講座 お申込フォーム

お申込み講座 必須
開発設計業務でのコストエンジニアリング講座企画・構想段階の機能と品質の決め方講座DFA( Design For Assembly )体験講座Modular Design実践手順と活用ツールの体験講座企画から生産までの原価企画実務上の留意点講座コストテーブル作成・活用の体験講座

区分 必須

メールアドレス 必須

ご氏名 必須

会社名 必須
 

所属・役職 必須

郵便番号 必須

送付先住所 必須
※カタカナは全角を使用してください。

電話番号

今後、Eメールによるご案内をお送りしてよろしいでしょうか?
※希望される場合は「はい」を✔してください。
はい

通信欄※請求書発行に関するご希望などをご記入ください。