2020年SAVE Value Summit(SAVE大会)論文募集のお知らせ

 

会期:2020年6月6日(土)~9日(火)

開催地:ルイジアナ州 ニューオーリンズ Royal Sonesta, New Orleans

2020年SAVE大会の論文募集を受付中です。以下、概要をお知らせいたします。
ご応募される方は、直接SAVE International大会事務局あてにお願いいたします。

 

 

2020年SAVE International Value Summit(SAVE大会)

論文/ワークショップ募集のご案内

2020年6月6日~9日、ロイヤル・ソルネスタ・ニューオーリンズで「2020年SAVE Value Summit(SAVE大会)が開催されます。本大会でのプレゼンテーション、1~2時間のインタラクティブ継続教育セッション、大会前後後の有料ワークショップの応募を開始いたします。プログラムをより充実強化させるべく、2020 年大会の会期日数は合計 2.5日間となります。

 

  1. 《論文・プレゼンテーション募集》

Big Easy(ニューオーリンズ)でBigなアイデアを!VMでその実現方法を示そう

VM専門家に革新的なアプローチ、新しい技術の進歩、学んだ教訓、価値の向上を共有する機会、さらにSAVE認定のコアコンピテンシーによる継続的教育イニシアチブに沿ったプログラムを提供します。

様々なプロジェクト、製品、プロセスに対して価値向上という命題を支えるテーマを求めています。たとえば、

  • 価値を向上させるための新技術
  • 新しいテクノロジーはVMにどのような影響を与えていますか?
  • ビジネスプロセスの改善
  • 輸送の価値
  • 価値管理をサポートする価値向上ツール
  • 製造業における価値向上の取り組み
  • 価値管理の改善アプローチとプロセスの改善
  • 政府の価値向上
  • 価値管理とシステムエンジニアリング
  • コアコンピテンシーの向上

提出期限は2019年12月14日午後11時59分(東部標準時)です。すべての論文とプレゼンテーションは、論文審査委員会によって審査され、修正が求められる場合があります。早めの提出をお願いいたします。応募は2020 SAVE Value Summit(SAVE大会)Paper Submission Siteからのみ受け付けます。

 

  1. 《大会前後研修ワークショップ募集》

大会前後研修ワークショップのインストラクター募集!

SAVE Internationalワークショップも募集しています。例年、大会前後に各種研修プログラムを開催しています。これらは、価値に関する教育に関心を持つSAVEメンバーや大会参加者のニーズに合わせて行われます。たとえば、

SAVE認定Fundamentals 1および2研修。インストラクターに採用されると、指導料のほかSAVEから経費が補助されます。

注)応募はオンラインSubmission Portalからのみ受け付けています。提出期限は2019年12月14日午後11時59分(東部標準時)です。

 

  1. 《インタラクティブ・継続教育セッション募集》

SAVE Internationalは、2020年Value Summit(SAVE大会)に「インタラクティブ・継続教育」セッションを導入します。

その目的は、コアコンピテンシーにおけるスキル、トレーニング、学習経験を提供することです。インタラクティブ継続教育セッションは、大会中のセッションとして開催されます。セッションは1~2時間で行われ、コア コンピテンシーのテーマいずれか1つに該当する必要があります。

https://cdn.ymaws.com/www.value-eng.org/resource/resmgr/certification/Core_Competeny.pdf

 

1.の論文・プレゼンテーション同様、メインの大会トラック中で(1~2時間)行われます。大会前後の研修ワークショップと異なり、これらのセッションに関連するインストラクターへの経費補助はありません。

インタラクティブ継続教育セッションに応募する場合は、セッションの概要とコース教材のサンプルを提供する必要があります。セッションの簡単な要約もご提供ください。

注)応募はオンライン提出ポータルからのみ受け付けています。提出期限は2019年12月14日午後11時59分(東部標準時)です。

 

2020 SAVE Value Summit 応募ページはこちら(英語)

海外ニュース