企画から生産までの原価企画実務上の留意点講座

配信期間:2023年2月6日(月) ~ 2023年2月24日(金)

視聴時間:4時間30分(この他、自身で演習を行う時間も必要)

概要

● 多品種少量生産企業での原価の企画から構想設計、コストの試算、生産・フォロー段階まで講師の実体験を元に原価企画の実務問題・課題から各留意点をまとめた講座です。原価企画を導入したい、または導入したが上手くいかないなどの方々のご参考になります。

● 次のことが学べ、身に付きます。
* 原価企画の考え方、進め方の基本
* 実務をする上での原価企画の留意点
* 業務におけるコストマインドの重要性
* 企画構想段階の “原価の企画方法”
* 機能・品質とコストの関連と考え方
* 少量生産におけるコストテーブルの考え方
* AI時代の原価企画の在り方

● 本講座は、VE・原価企画を実務で使う「開発設計業務でのコストエンジニアリング講座」の“実践原価企画”を補講するものです。「開発設計業務でのコストエンジニアリング講座」と「企画・構想段階の機能と品質の決め方講座」もぜひご受講ください。

対象者

● 開発・設計の実務技術者
● 開発設計のプロジェクトリーダー
● 開発設計の中堅、管理者
● 開発設計の教育担当者
● 開発設計者を教育するコンサルタント
● VEコンサルタント
● VE活動のリーダー・メンバー
● VEスペシャリスト(VES)・CVSの方
● VES・CVS資格の取得を目指す方など

講師

吉見 三郎 氏 CVS

【略歴】 日本電子㈱にてVE・原価企画を使った開発設計の実務を36年。設計戦略、VE・原価企画の推進を12年。この経験を活かし開発設計実務者向けの“実務に即した開発設計の基本”を18年研究してきた。2011年にVE普及功労賞受賞。独立後は、同企業の新製品開発プロジェクトに入り“開発設計の基本”を活用した企画から市場導入までの実務を指導。数年に渡る開発設計の各段階とコスト関連ドキュメントを整理し、伝承した。その後、実例を活かし“開発設計の基本講座”を開講し、多くの実務者を教育。VE協会R&D研究会では底辺のVE拡大を目指し「だれでも解決7つ道具」を発行した。またVE協会での実務教育を旗印に2019年度より“実践コストエンジニアリング”を開催。20年度以降は、『もっと詳細を』との要望に答え、DCコースにて開発設計の実務3講座とした。現在も技術者の実務を重視し“底辺のVE・原価企画活動の推進、拡大”を目指し活動中。

プログラム

1. 原価企画とその背景

1)原価企画の歴史と概要
➣ 原価企画の誕生とその必要性
➣ 原価企画の実施方法と推進方法

2)原価企画とVEを導入した企業より学ぶ
➣ 会社の危機と導入によるビジネスの復活
➣ VEと原価企画導入の概要と実施項目、教育など
➣ 長年の実体験で浮き彫りとなった課題(多品種少量生産)

3)各開発段階の原価企画実務でのポイント(きづき)
➣ 企画構想段階のポイント(きづき)
➣ 詳細設計、生産、フォロー段階のポイント(きづき)

2. 原価企画を成功させる為の対策と実務留意点

1)原価企画を成功させる為の対策
➣ 長年の「VE、原価企画」活動でのきづき詳細

2)企画構想段階での実務原価企画の留意点
➣ 企画構想段階の留意点
➣ “原価企画の基本” コスト戦略の試算(演習)

3)構想コストの具体的計算の組み立て方
➣ 構想コストを算定する留意点

4)詳細設計段階と生産段階の実務原価企画
➣ 詳細設計段階の実務ポイントと留意点
➣ 生産、フォロー段階の実務ポイントと留意点
➣ “原価企画の基本” 生産段階の試算(演習)

5)実務原価企画の効率アップ留意点
➣ 節目節目、資料を “見える化”

3. 実務原価企画活動の薦め

1)実践コストエンジニアリングの薦め

2)AI時代の創造業務(原価企画活動)

4. 原価企画を定着、成功させるためのまとめ

受講料

一 般: 28,600 円 / 会 員: 22,000 円 / VE有資格者: 24,200 円(税込)

申し込み方法

申し込み期間:

2023年2月20日(月)【配信終了日の3営業日前】まで

受講料のお支払い方法:

銀行振込(請求書払い)又はクレジットカード

キャンセル:

2023年2月 2日(木)まで可能

配信方法

オンデマンド(期間中なら、いつでも・どこからでも・何度でもご視聴いただけます)

配信ツール

ネクプロ ウェビナー(アプリのダウンロードは必要ありません)
☛ 動作環境チェック:https://v2.nex-pro.com/live_check

受講用URL

● 配信開始前にお申し込みの場合:配信開始日の2営業日前までメールでお知らせいたします。
● 配信開始後にお申し込みの場合:お申し込み後2営業日以内にメールでお知らせいたします。

テキスト・教材

● 視聴ページにログイン後、概要欄からデータをダウンロードいただきます。
● 講義動画の視聴前に、ダウンロードすることも可能です。

演習

● 視聴ページの概要欄から資料データをダウンロードいただき、お好きな時に、お好きなところで行えます。
● 講師による解説動画も用意されています。

講義内容に関する質問

● 動画視聴中又は視聴後に、視聴ページから次の方法で行うことができます。
⑴ チャット:質問内容を投稿すると、講師からの回答を弊会が掲載します。投稿と回答の履歴はチャットに蓄積・公開されますので、投稿者以外の視聴者もご覧になれます。
⑵ 個別質問:弊会を通して、講師に質問内容を送ります。回答も弊会を通し、講師から質問者に送り、それらの履歴は一切公開されないため、質問者以外の視聴者はご覧になれません。

● 講師・弊会側の事情により、質問への回答は即日とならず、数日要する場合もありますので、あらかじめご了承願います。

 

オンデマンド講座 お申込フォーム

お申込み講座 必須
開発設計業務でのコストエンジニアリング講座企画・構想段階の機能と品質の決め方講座DFA( Design For Assembly )体験講座Modular Design実践手順と活用ツールの体験講座企画から生産までの原価企画実務上の留意点講座コストテーブル作成・活用の体験講座

区分 必須

メールアドレス 必須

ご氏名 必須

会社名 必須
 

所属・役職 必須

郵便番号 必須

送付先住所 必須
※カタカナは全角を使用してください。

電話番号

今後、Eメールによるご案内をお送りしてよろしいでしょうか?
※希望される場合は「はい」を✔してください。
はい

通信欄※請求書発行に関するご希望などをご記入ください。