因子分析法による建築・構想設計VE

論文

建築設計では,顧客の要求する構築物を作るために,顧客ニーズを具体化して,寸法,強度,材質,デザイン等に変換し,要求されている構築物がどのようなものであるか,工事段階でのようなものをつくればよいかを設計図書,仕様書を作成し,確定化している。

設計分野でVE活動を行う中で,因子分析法を用いて顧客のイメージを収集・分析し,機能評価に反映することで,顧客のニーズをより的確に把握し,顧客の価値向上を図る構想設計VE手法について述べる。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 設計VE
  • 3. 因子分析法による構想設計VE
  • 4. まとめ

発行年

1987年 VE研究論文集 Vol.18

著者

フジタ工業株式会社
横浜支店 VE推進部
加藤貞夫
フジタ工業株式会社
横浜支店 VE推進部
石川尚志
フジタ工業株式会社
設計課
吉野勝己

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

購入

商品名:
因子分析法による建築・構想設計VE
品番:
r0222
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。