VA技法による商品企画・開発の仕組みづくり

論文

顧客が仕様を決めてくれ,それに合うものを作ればよい時代から,顧客が世界のどこからでも良いものを選ぶ時代になり,「どう作るか」より「何を作るか」,すなわち商品企画の段階が重要になってきている。

本論文はVAをとりまく商品企画と検証に最重点をおいた「売れてトラブルのない商品づくり」の仕組みの構築をめざしたものである。

「売れる商品」は生産財の場合は顧客の儲けが大きいことから,「顧客の利益V=顧客の収益F/顧客の出費C」として価値分析することにより,定量的にセールスポイントを抽出することを可能にした。又トラブルは変えたり,変ったところからおこり,70%以上が検証不足が原因であり,品質分析表(品質機能展開)により,洩れのない検証を実現した。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. PA技法開発の背景
  • 3. 開発したPA技法の詳細
  • 4. 価値分析による顧客ニーズの発掘
  • 5. 商品企画段階における顧客ニーズの評価
  • 6. 設計品質分析表によるトラブルレス化
  • 7. 技法適用による成果
  • 8. まとめ

発行年

1993年 VE研究論文集 Vol.24

著者

株式会社東芝
電機事業本部 電機技術管理部
石丸祐司
株式会社東芝
三重工場 技術情報システム部 標準化・VA担当
児玉純悦

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

  • マーケットイン
  • 商品企画
  • 要求品質
  • 設計品質
  • 開発管理

購入

商品名:
VA技法による商品企画・開発の仕組みづくり
品番:
r0313
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。