アイデア評価技法の新考察 --複数構想案の評価法--

論文

企業におけるVA活動は,経営効率を向上させるための有効な手段として,完全に定着してきている昨今,VAの役割りは,ますます大きくなり,活動の対象とする局面,および範囲は,経営活動のあらゆる面にまで拡大してきている。

この中で,今後のVAのあり方としては"VA活動の効率化"すなわち「最小の投入費用で最大の成果を生み出す」ことが課題となってきており,このため,各種VA技法の研究,開発が盛んに行われている。

しかし,そのほとんどが,VAの実施手順における「分析段階」,「アイデア発想段階」を対象にしたものが主体であり,「評価段階」すなわち"最も効果のあるアイデアを,効率良く,適確に選択し採用する"ための「アイデアの評価」に対しての技法は,必ずしも充分でない。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 現状のアイデア評価方法の問題点
  • 3. アイデア評価の新考察
  • 4. 技法の概要と具体的進め方
  • 5. まとめ

発行年

1982年 VE研究論文集 Vol.13

著者

株式会社日立製作所
土浦工場 VAセンタ
花島重治
株式会社日立製作所
土浦工場 VAセンタ
鉄井良幸

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

購入

商品名:
アイデア評価技法の新考察 --複数構想案の評価法--
品番:
r0149
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。