仮説設定によるソフトVE展開

論文

産業の発展過程が成熟段階に達してくると,トータル的な考え方,進め方が,より重視されてくる。

VEにおいても,従来の製品を対象としたハードに加えて,間接部門の業務,管理システム等を対象としたソフトVEが活発になってきているのも,その現象の顕著な例の一つである。

ソフト対象は,改善効果の大きい「残されたVE領域」である。しかし,やってみると案外難しいのである。従来の製品を中心としたハードVEとは,多少趣を異にする。

現状分析をスタートにした2nd look的なアプローチでは,あまりに複雑で長時間を要し,効果もあがりにくいのである。

効果的なアプローチをするためには,いきなり分析したり,問題の細部に入り込むのでなく,取り組み対象の基本的問題に対応する仮説を設定し,その仮説を手がかりにして「あるべき姿」を描き,あるべき姿をとおして,現実的な解決をはかることが重要である。

本文において,経験にもとづいた仮説を設定し,その仮説を手がかりに,VEの科学的プロセスによって論理的,客観的にVE対象を改善していくソフトVEアプローチについて述べる。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. ソフトVEの特徴と問題点
  • 3. 仮説設定によるソフトVE展開とは
  • 4. VEステップ
  • 5. おわりに

発行年

1982年 VE研究論文集 Vol.13

著者

松下電子部品株式会社
スピーカ事業部生産技術推進室
稲垣道雄

カテゴリー

  • ソフトVE

キーワード

購入

商品名:
仮説設定によるソフトVE展開
品番:
r0156
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。