設備設計における要求事項の機能的追求

論文

建築設備の設計では,発注者の要求事項を機能変換し,あるべき機能を見出すことで,その建物に必要な性能を効果的に構成させることができる。われわれは,このためにFAST技法を中心に,機能変換をすることが多いが,発注者の要求していることを正しく理解する努力を怠れば,いくらステップを正確にふんだVE活動を展開しても,決して良い結果は得られない。

過去の設計においても,計画時に発注者から聞いた要求事項を図面に反映させ,建物ができた時点で発注者の話を聞くと,『間違いではないが,考えていたものと少し違う』という事例を聞くことがある。このことは,建物ばかりでなく,オーダーメイドで作る場合,よく起こることである。

そこで,今回,VEステップのうちの「情報収集」に焦点を絞り,特に注意しなければならない項目を過去の例から分析し,情報収集方法のパターンを決めた。この方法により,誰が情報収集しても,同じレベルで要求事項のより正しい把握と,発注者のニーズを満たすことが可能となり,より高いVE効果を期待できるようにしたので,ここにその要点を発表する。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 設備設計の現状と機能
  • 2-1 設備設計の役割
  • 2-2 設備設計の手順
  • 2-3 設備設計の現状
  • 3. 設備設計における情報収集パターンの提案
  • 3-1 問題点の整理
  • 3-2 情報収集のジョブプラン
  • 3-3 機能確認表とワークシート
  • 4. おわりに

発行年

1984年 VE研究論文集 Vol.15

著者

フジタ工業株式会社
広島支店 建築部 設備課
鳥羽克己

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

購入

商品名:
設備設計における要求事項の機能的追求
品番:
r0189
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。