VE理論の研究-設計学的アプローチ

論文

本論文は,マックス・ウェーバーの三つの合理性と実践的三段論法を基礎として,VEのモデルを構成し,VE理論の研究を行った。また,最近発展しつつある設計学の中の設計実験をVE理論の研究に適用し,機能概念および属性概念の関係を論じ,機能と属性を結びつける因果合理性の内容を検討した。その結果,設計カタログの有用性に言及した。VEの発想過程は,マルコフ過程であり,機能と属性の両面からの発想の必要性と,それを容易にする研究とは何かを明らかにした。

目次

  • 1. 概要
  • 2. なぜVE理論を研究するのか
  • 3. 三つの合理性とVEの理論的構造
  • 4. 機能と属性
  • 5. マルコフ過程とアイデアの発想
  • 6. あとがき

発行年

1984年 VE研究論文集 Vol.15

著者

富士電機株式会社
生産管理本部 施設部
渡辺大助

カテゴリー

  • VE導入と定着化

キーワード

購入

商品名:
VE理論の研究-設計学的アプローチ
品番:
r0194
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。