新たな協力会社とのSCM-VEアプローチ -製品主体からサービス、マネジメントも含む取組み-

論文

低迷する協力会社のVE改善提案を活性化させるため取り組んだ連鎖工程グループ別によるVE研修会から、全体最適化管理を標榜するサプライチェーンマネジメントに着目し飛躍的改善に結びつけるVEアプローチを導いた。現状のVE活動の拡大と深化を追求するもので、協力会社を分業工程の専門家に見立て、協業パートナーの立場で情報の共有を図りつつ、データベースの構築を図る。さらに、整理されたデータベースをもとにサプライチェーン全体の最適化の調整を図る。そうすることで大幅のコスト削減と協力会社との真のパートナーシップが形成される。この一連の活動の考察についてまとめている。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 問題提起
  • 3. 新しい試み(実践したことの骨子)
  • 4. SCM-VEとは何か
  • 5. SCM-VEの投資対効果
  • 6. 成功要件
  • 7. おわりに

発行年

2000年 VE研究論文集 Vol.31

著者

株式会社荏原製作所
機械事業本部 羽田工場 VE推進室
白村勝宣

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • IT活用
  • サプライチェーンマネジメント
  • 全体最適化管理
  • 拡大と深化

購入

商品名:
新たな協力会社とのSCM-VEアプローチ -製品主体からサービス、マネジメントも含む取組み-
品番:
r0378
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。