VE実施手順におけるDRBFMの活用

論文

VEは一般的にコストダウンの手法だと誤った理解をされている一面がある。そのため、コストダウンした部品で不具合が発生すると「VEのやり過ぎが不具合を引き起こした」などと言われる。VEを推進する立場として、こういった誤解や偏見を払拭するためにも、自分が関わったVE事例や指導したチームのVE事例では絶対に不具合を発生させたくないと考える。

技術的な不安を残さず代替案へ移行させるためには、「具体化」のステップで欠点を漏れなく克服する必要があるが、欠点を全て把握することは困難である。そこで、VE事例の心配点、懸念点を漏れなく洗い出し克服するために、未然防止のための問題発見手法の1プロセスであるDRBFM(Design Review Based on Failure Mode)を活用したVE実施手順について検討を行った。

本VE実施手順では複数回実施するデザインレビュを通じて、VEチームメンバ以外の社内有識者や経験のある諸先輩方、チームメンバの上司達を検討中のVEに巻き込むことで、全員が当事者であると認識してもらい、代替案の実現化まで様々なサポートを得やすくすることと、VEを正しく理解してもらうことを副次的な狙いとしている。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. DRBFMの導入経緯
  • 3. DRBFMとは?
  • 4. DRBFMへの機能の定義の活用
  • 5. VE実施手順へのDRBFMの活用
  • 6. まとめ

発行年

2010年 VE研究論文集 Vol.41

著者

三菱重工業株式会社
汎用機・特車事業本部 フォークリフト部フォークリフト設計課
藤原裕輔

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • DRBFM
  • VE実施手順
  • 具体化
  • 問題発見手法
  • 未然防止

購入

商品名:
VE実施手順におけるDRBFMの活用
品番:
r0466
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。