神社を参拝する (5)   (ゆ)  No.54 

こんにちは。公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会事務局の(ゆ)です。

さて、前回のブログでご紹介した氷川神社の次の神社は、会社で言えば部長クラスの総社、大国魂神社(東京都府中市)でした。大國魂大神を武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。この大神は、出雲の大国主神と御同神で、武蔵の国を開かれて、人々に衣食住の道を教え、医療法やまじないの術も授けられた神様で、縁結び、厄除け・厄払いの神として著名な神様との事です。また、広い境内にはいくつかのパワースポットがあるそうですが、その中の一つでもある樹齢千年のイチョウの大木は見事でした。参道の欅並木も美しく、緑があふれる神社でした。

Ookunitama jinjya 2011.4 photo by y★u
Ookunitama jinjya 2011.4 photo by y★u

最後に、会社で言えば社長クラスである総鎮守、神田明神(東京都千代田区)に参拝しました。ご祭神は、一之宮:大己貴命 (大黒様で、縁結び、夫婦円満、国土経営の御神徳)、二之宮:少彦名命 (えびす様で、薬、酒造を始めとし、様々な知識を持つ知恵の神様。その他、商売繁盛、開運招福の御神徳)、三之宮:平将門命(厄除け、勝負に勝たせる御神徳)だそうです。

神田祭などでも有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、当会がお世話になっているある業者さんは、年初の仕事初めの日に有志(ほぼ全員とか)で神田明神に初詣をされるそうです。少しずつとの事でしたが業績は年々アップしているそうですので、ご利益もあるようですし、社員の心を一つにするという意味でもいい事だと思います。

Kanda jinjya 2011.5 photo by y★u
Kanda jinjya 2011.5 photo by y★u

およそ1カ月にわたって神社巡りをしてみて実感した事は、「自分は生かされている存在であり、その事に対して感謝しなくてはいけない」という事でした。 神田明神には、関東大震災により崩壊・紛失した子獅子を新調し、親獅子2頭と共に新たに建立された「獅子山」が本堂の横にありましたが、東日本大震災から明日で6年が経ちます。神社巡りは震災の1カ月後から始めましたので、どの神社でも賽銭箱の横に義捐金の募金箱が置いてありました。

そして、実は今日、3月10日は東京大空襲のあった日でもあります。
関東大震災でも東京大空襲でも東日本大震災でも、生きたくても生きられなかった人達も大勢いらした訳ですから、日常で少しくらい思い通りにいかない事があっても不満は言えないし、生きて生活できるだけでも感謝しなければと思うようにもなりました。

東日本大震災では、「絆」という言葉がクローズアップされましたが、実は神様同志でも絆というかネットワークを張り巡らして私達の事を見守ってくださっているそうです(産土神社から総鎮守の神田明神まで順番に参拝するのは、下位の神社の神様から上位の神社の神様へと『こういう者がこれから伺いますので、よろしくお願いします』と報告してくださるからだそうです)。

そういうありがたい神様達に敬意を払うべく、参拝の際にはお作法もあります。 まず、鳥居の前で一礼し、神様の通られる参道の真ん中は避けて歩きます。次に手水舎で手と口をすすいで(この時、できたら水は吐かずにハンカチなどで拭うと見た目は綺麗です)、本殿に進み(神社により少し違う事もありますが)二礼二拍手一礼でお参りします。お賽銭は(混んでいる時は仕方ないとしても)投げ入れるのではなく、お賽銭箱の縁からそっと掌を上に向けて入れるといいそうです。

私は、後ろに人がいなければ、産土神社を調べてくださった方に教わった「先天の三種の大祓」を唱えてから、基本は日頃の感謝、そして大きくは世界の平和を願います。伊勢神宮などは個人的なお願い事ではなく、感謝の言葉を述べるそうです(現実的なお願い事は出雲大社等がいいそうです。ちなみに前回のブログに登場した私のサークルの後輩は、縁結びの御利益のある出雲大社にお参りした後、ほどなくして結婚相手と出会ったそうです)。昔の人は「気」のいい場所に神社を建てたそうですが、境内に少し身を置くだけでも心身共にすっきりしますのでお勧めです。

参拝方法もそうですが、動きに無駄がないのはVEに通じるものがあると思いますし、神様に敬意を払うのと同様に、顧客はもちろん、先を生きてこられた先輩とか上司、目上の方、そして両親やご先祖様にも敬意を払うという事は人として大切な事だと思いますが、いかがでしょうか?(前回のブログで、疲労困憊した先輩を走らせようとしたのは誰?と言われそうですが…)

私は産土神社の事を専門家に教えていただきましたが、仕事でも何でもどうしていいか分らない時は、専門家に指導していただくのが早道だと思います。 日本VE協会では、専門的な知識や実践ノウハウをもったVE専門家を企業ニーズに合わせてご派遣する「バリュー・ソリューション・サービス」を展開しており、VEの導入や推進体制構築のお手伝いをしております。(https://www.sjve.org/5837

そうそう、産土神社リサーチでは、『唱えるといいですよ』と「開運の言霊」というのもたくさん教えていただきました。その中の一つに下記のようなVEに通じる言霊もありました。
『私は最重要な事を最優先に集中的に行う。私は最小努力で最大成果を上げる。』
そして、おまけにもう一つ。 『すぐやる! 今すぐやる! とっととやる! 成功するまでやる!』

「バリュー・ソリューション・サービス」にもすぐに申し込まれたくなられたのではないでしょうか?悩んでいる暇があれば行動された方が道は早く開かれると思いますので、是非、ご活用ください。

では、よい週末をお過ごしくださいませ。  (ゆ)

過去のブログはこちら

関連するページ