CVS再認定(登録更新)

CVSの認定・登録は4年間有効です。再認定・再登録を受けるには本会および米国VE協会に申請する必要があります。(CVS制度の改定により、”CVS-Life(終身CVS)”の新規認定は2016年度からなくなりました。2016年度からは3回目の再認定後も、再認定の申請と再認定料の支払いが定期的に必要となります。)

  • 再認定料 32,400円(税込)
    この申請がなされなかった場合はCVSの認定・登録が自動的に取り消されます。 取り消された方がCVS資格を再取得するには、もう一度試験を受けて合格しなければなりません。

 

CVS再認定の申請要件

過去4年間で、カテゴリー1.2.3.それぞれの要件を満たしていること。

カテゴリー1:VE実践活動

申請者の立場によって要件が異なります。次の(1)(2)のどちらかを選択してください。 4年の間に申請者の立場が変わった場合は、比率配分で点を算出してください。

(1)申請者の立場が主に【VE実務者】の場合
48点以上のVE活動【10時間につき1点、端数時間は切上計算】。

※12件以上あること。
※上記点の50%以上は、チームリーダーまたはファシリテーターとして参加した活動によるものであること。

(2)申請者の立場が主に【VE管理者】の場合
次の(1) ~ (3) で、合計32点以上【端数時間は切上計算】。

No. 項目
(1)社内のVE推進者として活動した場合(フルタイムでない場合は比率配分で算出) 8点/1年
(2)社外の顧客にVE指導・教育等を行った場合 1点/5時間
(3)VE教育を社内外で行った場合 1点/5時間

カテゴリー2:VE学習活動

次の(1) ~ (5) で、合計 8点 以上【端数時間は切上計算】。

No. 項目
(1)VEに関する研究会又は勉強会等に参加した場合 1点/10時間
(2)VEに関する大会・セミナーに参加した場合【例:VE全国大会、VE関西大会等】 1点/10時間
(3)VEに関する講座、研修会を受講した場合 1点/10時間
(4)大学でVE関連の授業を受け、単位を取得した場合 1点/1単位
(5)対象期間中に次の公的資格を取得し、現在も登録している場合(技術士、公認会計士、1級建築士、中小企業診断士、J-CMC(全日本能率連盟)から2つまで) 5点/1資格

カテゴリー3:VE普及・協力活動

次の(1)~(6)で、合計10点以上【端数時間は切上計算】。

No. 項目
(1)VEに関する論文等を執筆し、専門家の審査を経て発表した場合
※共著の場合は、比率配分する。
3点/1編
(2)VEに関する論文等を執筆し、専門家の審査を経ずに発表した場合
※共著の場合は、比率配分する。
1点/1編
(3)VEに関する記事等を本会バリュー・エンジニアリング誌や他の専門誌で発表した場合
※共著の場合は、比率配分する。
1点/1編
(4)VEに関する映像メディア、コンピュータソフト、Webコンテンツ等を製作した場合 3点/1件
(5)VEに関する発表・講演等を社内外で行った場合 1点/1回
(6)VEに関する非営利法人の社会貢献活動への支援
1.申請者本人または申請者の所属組織(法人・団体またはその事業所・工場等)が会員として当該法人の社会貢献活動を支援した場合 1点/1年
2.当該法人の社会貢献活動に、リーダーまたはメンバーとして直接参画した場合
※例:震災復興支援活動
1点/5時間
3.支部組織に参画し、当該法人の地域貢献活動を支援した場合
※例:支部運営委員
→東日本支部の部会はカテゴリー2の(1)
4点/1年
4.支部長または副支部長に就任し、当該法人支部組織の地域貢献活動を支援した場合 8点/1年
5.本部の委員会組織に参画し、当該法人の社会貢献活動を支援した場合
※例:委員
4点/1年
6.委員長または副委員長に就任し、当該法人の社会貢献活動を支援した場合 8点/1年
7. 役員に就任し、当該法人の社会貢献活動を支援した場合
※例:理事、監事
10点/1年

※米国VE協会からの求めにより、証明資料の提出をお願いすることがあります。

CVS再認定申請書

CVS再認定申請要領(PDF)

CVS再認定申請書(Word版)

CVS再認定申請書(Excel版)