対極類比アプローチによる創造手法の提案と検証

論文

企業には顧客に新たな感動を与える価値の創造が求められている。そのためには既に明 らかな顧客の顕在的要求に加えて、潜在的な要求を見いだし、新たな価値をもたらす製品 やサービスの基本着想を創造する必要がある。本論文では、企画段階のVEプロセスで顧 客の潜在的要求に応える基本着想の創造手法を提案し、その有効性を検証した。 提案する創造手法は開発する対象と概念的に対極のものを発想し、対極のものとその特 性を手がかりに新たな着眼点を得て、顧客の潜在的要求に応える基本着想を創造するもの である。リサイクル工場の環境改善技術の開発に本創造手法を活用し、顧客の潜在的要求 に応える基本着想を得て、顧客の期待を超えるコンセプトの工場を構築することができた。

目次

    1.はじめに

    2.顧客の潜在的要求に応える基本着想の創造手法
    2.1 創造手法を適用するVEプロセス
    2.2 創造手法を提案する目的
    2.3 創造手法の概要
    2.4 創造手法の手順
    2.5 創造手法の特徴
    2.6 創造手法の適用事例

    3.結果と考察

発行年

2016年 VE研究論文集 Vol.47

著者

三菱電機株式会社
人材開発センター ものづくり教室
教室長
織田 昌雄 VES

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • 開発VE
  • 開発段階VE
  • 開発設計VE
  • 開発設計段階のVE

購入

商品名:
対極類比アプローチによる創造手法の提案と検証
品番:
r0506
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。