関連情報を個有技術にフィードバックするVE

論文

設計段階のVEが,企業にとって経済的かつ最も効果的であることに異論を唱える技術者や経営者はいないであろう。日本を取巻く国際環境の厳しさは,真の意味での,より高い価値の創造を待望しているといっても良いであろう。しかしながら1st Look VEの必要性が多方面から叫ばれている中で,これをはばむ制約条件を克服できず苦慮している企業も案外多いのではなかろうか,これらの原因の大きな要因のひとつに大きな収益が潜んでいることを充分に承知しながら,発売時期などの関連で,見切発車をする例がある。これらはある意味で有効情報を確実に,しかもタイムリーに供給し得なかったバリューエンジニアに,その責任の一端があるともいえる。私は価値の高い商品を世に送り出すため,高度の個有技術と相まって,これらのベースとなるVE関連情報について,収集の方法や供給源を示し,1st Look VEを短期間に,タイムリーに実施するための考察を試みようとするものである。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 関連情報
  • 2-1 VEにとって関連情報とは
  • 2-2 1st Look VEの障害となるもの
  • 2-3 VE関連情報の内容
  • 2-4 情報の供給位置
  • 2-5 情報の供給源
  • 2-6 公差とコスト
  • 2-7 コスト推移と情報
  • 3. 実施例
  • 3-1 実施例一1
  • 3-2 実施例一2
  • 4. おわりに

発行年

1972年 VE研究論文集 Vol.3

著者

日本ビクタ一株式会社
部品事業部 技術部
廣瀬幸美

カテゴリー

  • VE実例

キーワード

購入

商品名:
関連情報を個有技術にフィードバックするVE
品番:
r0047
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。