新製品開発システムにおけるVEの展開と定着化

論文

昭和35年に当社に導入されたVEは,やがて展開期に入り,現在は全く定着化しているといえます。当録音機事業部においても,44年にVE担当者を設置以来,設計VEシステムが確立されており,日常のVE活動も板についた感じになっております。新製品開発システムの中に,VEをシスティマティックに組込み,設計段階におけるVEを,設計者が容易に取り組める体制を作りあげております。しかしながら,ここに到るまでには,有為変転を経ており,数多くの困難があった訳です。その中で,われわれは,あくまでもVEの必要性を説き,設計者と一体になって行動し,設計者のVEに対する考え方を変えることに成功しました。

当論文では,設計段階におけるVEの見直しを行ない,新製品開発システムを改善して,成果をあげ得た経過について報告します。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. テーマの背景と狙い
  • 3. 設計段階におけるVEの展開(第一次展開)
  • 3-1 事業部のVE活動
  • 3-2 開発システム
  • 3-3 機能テーブル
  • 3-4 設計段階のVE(第一次展開)の問題点
  • 4. 新システムへの移行(第二次展開)
  • 4-1 開発システムの改善
  • 4-2 新システムの効果
  • 4-3 コスト管理について
  • 5. まとめ

発行年

1975年 VE研究論文集 Vol.6

著者

日本ビクター株式会社
録音機事業部 技術部
大岡忠
日本ビクター株式会社
録音機事業部 技術部
中野忠紀

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

購入

商品名:
新製品開発システムにおけるVEの展開と定着化
品番:
r0066
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。