2nd-LooK(現流品)VAにおける機能分析手法の研究 ~機能評価手法の開発~

論文

最近における企業経営は,わが国の経済構造が,高度成長から低成長に移行したことにより,量的拡大から質的充実への大きな変換を迫られ,厳しさを増しているが,この中でVAの果す役割りは,ますます大きくなってきた。

今やVAは,企業収益を改善するための重要なツールとなっているが,VAの中心的役割りを演じるべき手法の一つである機能分析は,使う側での勉強不足や受入れ体制の不備はあるものの,必ずしも実践的であるとはいえない。

これらの背景から,実践ベースでの実用度の高い機能分析手法の確立を目的に,機能評価に焦点を合わせた手法の開発を行ない,有効性が確認されたので紹介する。

本手法は,現流品を対象としたものであり,この主な内容は,機能評価に必要な情報を,VA前にコンピュータにより作成し,これらの一元化されたデータより求められる比較的具体性のある期待メリットと,改善余地件数により,展開する実践的機能評価手法である。

目次

  • 1. 緒言
  • 2. 手法研究の背景
  • 3. 開発の方針
  • 4. 機能評価手法の確立
  • 5. 導入による効果
  • 6. 結言

発行年

1976年 VE研究論文集 Vol.7

著者

株式会社日立製作所
栃木工場 VAセンター
小幡英夫
株式会社日立製作所
栃木工場 VAセンター
古川勇雄

カテゴリー

  • VEの適用局面

キーワード

購入

商品名:
2nd-LooK(現流品)VAにおける機能分析手法の研究 ~機能評価手法の開発~
品番:
r0074
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。