工事ソフトVEにおける機能展開

論文

当社は,建設業界の中ではVEを真っ先に導入し,以来,10数年にわたり,作業所におけるハードVE,数年前からは事務部門,管理部門においてもソフトVEと取り組み,着実に成果を上げつつある。

しかしながら,われわれ建設業のVE活動のメインはあくまで作業所を中心としたVEであり,かつ,また取り組みやすく,直接的成果も大きいのが特徴である。

本論文は,作業所におけるVEの取り組みに対する2回の発表"制約条件とVE" "建設作業所における工事ソフトVEの展開"に続く研究成果をまとめたものである。

作業所におけるVEテーマも,導入時には単純な治具工具の改善,型枠,足場工法などの純ハード的な改善が多く,従来の機能展開法で解決をはかり,成果を得てきたが,最近ではソフト的な複雑な工法,システム的問題解決を要求するテーマが多くなっており,新しい解決技法が要求されてきているゆえんである。

われわれは,それらの要求に応じた解決法を"問題点と機能変換,新しい機能評価の手法"等を研究した結果,一応の成果を得たので,ここに発表する。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 工事ソフトVEの考え方
  • 3. 問題点の考え方と摘出方法
  • 4. 問題点の機能変換
  • 5. 機能評価法の一考察
  • 6. おわりに

発行年

1985年 VE研究論文集 Vol.16

著者

フジタ工業株式会社
土本木部工事統括部
駒路満

カテゴリー

  • ソフトVE

キーワード

購入

商品名:
工事ソフトVEにおける機能展開
品番:
r0203
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。