VEによるユーザー志向の商品企画案作り

論文

本論文は課題把握と課題分析の段階で、ユーザーの立場にたった新しい価値観を創出し顧客の満足のみならず感動をも得るための商品企画案作りの一方法を述べている。

まず、対象テーマについての現状を把握することから始める。現状がどうなっているのか、企業や市場のニーズが何であるのか。そのためには対象テーマを取り巻く環境を多角的に把握しなければならない。そこで願望と問題点という観点から課題を把握するのである。

次に、この課題把握で得られた真のニーズである願望を達成するため、願望と問題点をマトリックス化し『ユーザーの立場に立った価値観』で情報を分析、整理する。そして、これらをもとに新商品や新サービスを創り出すためのベースとなる『商品企画書』を作成する。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 情報収集段階のステップ化
  • 3. 本詳細ステップの手順と事例
  • 4. 本アプローチの効用
  • 5. おわりに

発行年

1991年 VE研究論文集 Vol.22

著者

日本電気ホームエレクトロニクス株式会社
資材部 VE推進センター
斉藤幸男
株式会社ケンウッド
H. A.技術部設計効率化S.VE担当
小橋豊
西本経営研究所
西本實

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

購入

商品名:
VEによるユーザー志向の商品企画案作り
品番:
r0281
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。