製品多様化と部品少数化の二律背反を克服するモジュラー・デザイン方法論

論文

製品多様化と部品少数化の二律背反を克服するために、次の10の活動ステップからなるモジュラー・デザイン方法論を開発した。

(i)製品システム構成確立、(ii)モジュール数およびその使い方確立、(iii)目標設定・実行計画策定、(iv)製品ミックス整備、(v)設計・製造連携VE、(vi)生産構造要件書運用、(vii)設計のモジュール化、(viii)編集開発、(ix)MD効果の実現、(x)MD視点、デザイン・レビュー

また、製品のモジュール化を阻害する要因を解明し、それにもとづいて製品のモジュラー型/擦り合わせ型を判別するモジュール化難易度指数の算出法と製品をモジュール化しやすくする7つの技術方策を提示した。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. モジュラー・デザインの先進例
  • 3. 日本製造業の現状と位置取り戦略
  • 4. モジュラー・デザイン方法論
  • 5. 電気回路系システムのモジュール化
  • 6. 製品組み込みソフトウェアのモジュール化
  • 7. モジュール化原論
  • 8. 成果と課題

発行年

2007年 VE研究論文集 Vol.38

著者

広島大学大学院
社会科学研究科 マネジメント専攻
日野三十四

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • モジュラー・デザイン
  • モジュール化
  • 部品共通化
  • 部品標準化

購入

商品名:
製品多様化と部品少数化の二律背反を克服するモジュラー・デザイン方法論
品番:
r0446
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。