機能分析をもとにした新製品企画へのVAアプ口ーチ -製品企画におけるシステムVAの一考察(2)-

論文

景気の低迷と円高とによって,わが国の経済は低成長の時代に入り,総需要の減退から深刻な景気の悪化をまねくに至って,各企業間の競争は,ますます激烈をきわめ,その環境は,非常に厳しい状況下におかれている。

このような状況にあって,企業の目的である利益確保をはかるため,各企業はVAを単なる改善の手法としてのみでなく"経営戦略"の柱として位置づけ,全組織を結集して取り組み実績を上げている。

しかし,現在,新製品開発のためのVAアプローチ技法はあっても,それが新製品企画の市場調査や新規機能の発掘・拡大のツールとしては生かされていないのが実体のようである。それは,まずVAの考え方の中心をなす機能分析が,うまく生かされていないからである。これは使う側での勉強不足のために"機能"についての考え方に幅がなかったし,柔軟な考えが持てなかったためと思われる。

これらの背景をもとに,ある分野における商品に関しては,製品企画への実用度の高い手法の開発と確立を行ない,その有効性が確認されたので,ここに紹介する。

本手法は,新製品の中でも,現製品をもとに大幅に改善されるものを対象としたものであり,その主な内容としては<情報収集にもとづく顧客要求機能を,そのもっとも関係の深い各機能分野にとり入れ,使用者機能及びメリットを開発していく-川下型開発法>と<各機能の分解・組合わせによる方法と基本機能から使用者機能を展開していく-川上型開発法>をドッキングして展開する,商品企画に対する機能分析・分解・組立手法である。

目次

  • 1. 緒言
  • 2. 新製品の開発法とその問題点
  • 3. 新製品開発におけるVAの考え方と手法導入
  • 4. 新VA(New-Value Product System-New-VPS)の基本的考え方
  • 5. New-VPSによる新製品企画の手法導入
  • 1st-Step ; 情報収集(各要求事項の収集)
  • 2nd-Step ; 機能分析と分解組立
  • 3rd-Step ; 体系化-機能系統図
  • 4th-Step ; アイデアの発想・具体化
  • 6. 結言

発行年

1978年 VE研究論文集 Vol.9

著者

東京芝浦電気株式会社
資材部 VA推進担当課
相田敬明

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

購入

商品名:
機能分析をもとにした新製品企画へのVAアプ口ーチ -製品企画におけるシステムVAの一考察(2)-
品番:
r0099
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。