建築作業所における施工計画の立案に関するVEの一考察

論文

建設業は個別受注産業で、その都度異なる要求の建物を、その都度異なる生産場所で、厳しい自然条件に対応しながら、主として屋外で生産している。そして、それらの建築物は、施工計画によって品質・工期・安全などが保証される性格を持っている。

そのため、施工計画は、設計図書や契約書に示される発注者の要求条件と、生産場所の客観的与条件に基づいて、施工管理をする作業所の担当者と、企業の専門スタッフが英知を結集して、チームデザインをすべきものだと言われている。

この施工計画は、設定条件が変化すると計画も変わり、又、設計意図と敷地条件の相互の関連に施工計画の条件を合わせ、全体計画を想定して計画しないと、計画を実施する施工管理の段階で、大幅な変更が発生するものである。更に、建物を作る施工精度も、この施工計画の内容の精確さで決まる要素を持っている。これらの問題を解決するため、施工計画を立案する、施工計画の立案に関するVE手法を考案した。その手法を以下に提示する。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 施工計画VE手法の構成
  • 2.1 施工計画VEジョブプラン
  • ステップ1 対象テーマの情報収集
  • ステップ2 施工計画条件の選定
  • 3. おわりに

発行年

1993年 VE研究論文集 Vol.24

著者

株式会社フジタ
VE推進部
佐々木義正

カテゴリー

  • VEの適用局面

キーワード

  • チームデザイン
  • データベース
  • 施工計画

購入

商品名:
建築作業所における施工計画の立案に関するVEの一考察
品番:
r0311
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。