省資源、省エネルギーに寄与する製品開発のアプローチ

論文

VA活動も定着し,現製品の改善から,市場調査を含めた製品企画段階から総合力を結集し,体系的アプローチでもって製品企画を行い,価値ある製品を造る開発VAに焦点が移行している。豊かさからくる消費者の個性の主張と,自分の好みから選択したいという気風が強くなると同時に,伸びの少ない市場をめぐって製品競争が激しくなる。これは製品企画の競争であり,他社製品との差別化を進め,より購買意欲を高め,選択の探索を高めさせるポイントづくりが決め手となる。一方,マーケットセグメントをはかり,個々の消費者の要求に応えるきめ細かな製品企画が求められている。なお,1980年代の世界経済は不安定で,複雑で不透明な時代であるといわれている。特に,戦争がいつ勃発するか不安な中東状勢,サウジアラビアおよびイランが西側より離脱,1985年以降のソ連は海外からの石油輸入依存等により石油の問題は益々複雑になってきている。従って,企業経営においては,単に固定的で消極的な減量経営で対応するのではなく,弾力的に人,金,物,技術を組合わせ,活力と,ゆとりをもたせることが必要である。つまり,生産体制や間接業務の合理化による余剰人員の戦略的重点投入をはかり,顧客ニーズの追求,材料動向に対する情報収集に力を入れ,顧客が要求する"価値を最低コストで達成する一価値の創造"に組織的な努力でもってアプローチし,上記情報を十分に活用し,省資源,省エネルギー化を考慮した製品を開発していかなければならない。従って,省資源,省エネルギーに寄与する製品開発のアプローチと題して,体系的な製品企画のアプローチ,および省資源,省エネルギーを含めた機能評価のあり方について述べてみたい。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 開発VAステップの概要
  • 3. アプローチ
  • 3.1 対象テーマの選定
  • 3.2 対象テーマ製品の分析
  • 3.3 他社製品の分析
  • 3.4 製品企画
  • 3.4.1 製品企画の展開
  • 3.5 構想VA
  • 3.6 詳細VA
  • 4. 機能評価(省資源,省エネを含めた)
  • 5. まとめ

発行年

1980年 VE研究論文集 Vol.11

著者

三菱電機株式会社
福山製作所技術部VAセンター
中本勝博

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

購入

商品名:
省資源、省エネルギーに寄与する製品開発のアプローチ
品番:
r0113
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。