スクランブルVA(ステレオ部品VAの展開)

論文

昨今の経済は,原油高騰に端を発した価格の変動が著しく,企業収益が大きく,これに左右され,一歩対応を誤ると,直ちに業績の大幅な低下をもたらす危険が周囲に満ち溢れている。

こうした環境下では,VA活動を一層活発化すベく,企業幹部自らが,これを参画推進して,VAを真に日常の業務として定着化させると共に,活動の領域を広げ,底辺を拡大させねば,生き残ることが難しいことはいうまでもない。

このような背景の下に,当工場ではVA活動の範囲,参加メンバーの選定,活動の対象,活動期間,活動の責任と権限範囲の設定,一般ライン組織との関連などを明確化しつつ,毎期のVA予算の達成に邁進し,目標完遂に全工場あげて取り組んできた。

TFP活動は,毎期,製品VA,製造VA,物流VA等に区分されて展開されているが,その中でも,とりわけ経済情勢,すなわち物価動向,需給動向との関連において,成果が大きく変動しがちな分野に,部品VAがある。

過去,部品VA活動を続けてきた結果,こうした傾向に気づき,これを何とか打破して,外部の変動に左右されない部品VA成果をあげるため,いろいろと工夫をしてきたが,今回は,その過程について報告するものである。

目次

  • 1. 緒言
  • 2. 卸売物価指数と部品VA成果との関連
  • 2-1 総合指数と成果
  • 2-2 個別指数と成果
  • 3. 部品別VAの活性化
  • 3-1 対象の選定
  • 3-2 スクランブルVA
  • 3-3 改善事例
  • 3-4 VA中長期計画
  • 4. 結言

発行年

1980年 VE研究論文集 Vol.11

著者

株式会社日立製作所
豊川工場技術部資材課VA係
玉山和夫
株式会社日立製作所
豊川工場技術部資材課VA係
伊藤一夫

カテゴリー

  • VEの適用局面

キーワード

購入

商品名:
スクランブルVA(ステレオ部品VAの展開)
品番:
r0126
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。