VEによる目標設定への考察 --目標設定へのVEアプローチ--

論文

建設業を取巻く環境は,年々きびしくなり,コスト競争の激化,顧客の低コスト追求などの中で,工事益を確保し,経営を安定させるためには,より一層の企業としての努力が必要となってくる。

従来も,それに対処するための普段の努力をしているが,上記の現状を踏まえ,最大限の効果をあげるべく,より一層,企業では本支店の組織をフルに活用し,その"ちえ"を結集する時であると言える。

建設業は,他の製造業等と異なり,個別受注産業であり,多くは一品生産型である。

1件1件の工事についての目標値を設定し,それの達成のための小さな努力の積上げが,結果として企業の工事益となり,それが企業を経営していくための糧となる。

従って,各工事の工事益の目標設定に対するVEによる工事益の確保のために,最大のウェイトをかけることが望まれるゆえんである。

当社では,昭和43年,VE手法の導入以来,その推進・普及につとめ,特に工事部門ではVE計画会議と3時間VE(VE会議)等の形で作業所に定着し,その活動を活発にすすめている。(VE計画会議と3時間VEについてはVE全国大会で論文として発表ずみ。)

工事部門のVE活動方針として,作業所VEの実践による工事益の確保が大きく打ち出されているが,それと同時に,その手法を活用し,目標設定とそのフォローに組織的な展開を行い,かつ,業務能率の向上をめざし効果をあげつつある。

以下に目標設定へのVEアプローチと,具体的な展開について述べる。

目次

  • はじめに
  • §1. VEと目標設定について
  • 1. 工事部門における目標設定の概要
  • 2. 従来のVE改善要素の摘出方法
  • 3. 現状の問題点
  • §2. 組織的VE展開の体制
  • 1. 目標設定の機能分析と組織
  • 2. 目標設定までの本社VE課のフローチャート
  • §3. 目標設定への効率的なVEのすすめ方
  • 1. VE改善要素の摘出の基本姿勢
  • 2. VE改善要素摘出のチェックリスト
  • 3. VE改善要素の判別規準
  • 4. コスト把握とVE改善提案
  • 5. VE情報の提供
  • 6. 提案後のフォロー
  • おわりに

発行年

1982年 VE研究論文集 Vol.13

著者

フジタ工業株式会社
工事本部 建築統括部 VE課
鶴家健

カテゴリー

  • VEの適用局面

キーワード

購入

商品名:
VEによる目標設定への考察 --目標設定へのVEアプローチ--
品番:
r0162
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。