価値低減曲線による戦略的VE目標の設定(第II報) -戦略的価値目標4つのパターン-

論文

企業の商品戦略を機能の側面から分析すると,次の4つのパターンに分類することができる。

①単機能化(単純化) ②多機能化(複合化)

③低機能化(普及化) ④高機能化(高級化)

本論文は,企業の商品戦略に結びついたVE活動を強力に展開するために,第Ⅰ報で確立した目標価値指数の一般式を4つのパターンの機能戦略に適用し,それぞれの目標価値指数の設定式を導きだしたものである。

この結果,すべての商品戦略をVE活動のための目標価値指数として定量化することが可能となった。

目次

  • はじめに
  • 1. 新製品開発における4パターンの機能戦略
  • 2. 新製品開発における戦略的価値目標の設定式
  • むすび

発行年

1987年 VE研究論文集 Vol.18

著者

株式会社東芝
本社資材部 VA推進担当部
小川政夫

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

購入

商品名:
価値低減曲線による戦略的VE目標の設定(第II報) -戦略的価値目標4つのパターン-
品番:
r0221
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。