商品ライフの短命化に耐え得る効率的なVAの進め方

論文

最近の商品ライフは顧客要求の多様化、価格競争の激化等により益々短く成ってきている。この様な中で従来どおりのVAの進め方、すなわちVA対象を1製品のみとした活動ではVA活動への投資の面で非常に効率の悪いものとなる。本論文は、これを打破し効率的かつVA成果の長期化が図れるVAアプローチ法を紹介するものである。

それは、新商品の企画段階からアプローチするものであり、商品戦略は1機種開発とすることなく必ず系列化をする事を前提とし、VA対象を今後商品化するであろう商品も含めた商品群で捕らえ、顧客ニーズ、技術動向情報をベースに系列化コンセプトを明確にして、共通技術を先取りしたモジュールを抽出し、これを徹底的にVAするものである。これにより顧客要求の多様化、市場変化に耐え得るVA活動となり、VA成果の拡大と投資効率の向上が図れるものとなる。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 商品開発ステップとVAアプローチ
  • 3. VAアプローチ法の詳細
  • 3-1 STEP1 機能の定義
  • 3-2 STEP2 商品の系列化
  • 3-3 STEP3 機能・方式展開
  • 3-4 STEP4 モジュール抽出
  • 3-5 STEP5 モジュール評価
  • 3-6 STEP6 アイデア発掘
  • 3-7 STEP7 実現化計画作成
  • 4. おわりに

発行年

1991年 VE研究論文集 Vol.22

著者

株式会社東芝
資材部 VA推進担当
阿川美成

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

購入

商品名:
商品ライフの短命化に耐え得る効率的なVAの進め方
品番:
r0279
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。