フライト・シミュレータ訓練価値の一考察

論文

近年、教育訓練の分野でVA適用の期待が高まっている。本論文は、戦闘機用のパイロット養成を狙いとしたフライト・シミュレータ訓練価値について、基本的な考え方を述べたものである。

戦闘機パイロットの操縦能力には、操縦資質、操縦技術、戦闘技術、空中感覚及び空中判断が必要であると考えられるが、このうち、操縦技術と戦闘技術はシミュレータ訓練の得意な領域である。シミュレータ訓練における意義とは何か。また、実際の航空機を使った訓練と比べ、訓練課目、訓練の重み、訓練の有効度はどうなのか。

ここでは、シミュレータを使ったパイロットの訓練機能について問題提起すると共に、その価値を判断すべくケース・スタディを試みた。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. パイロット訓練
  • 2.1 訓練区分
  • 2.2 操縦能力と訓練手段
  • 2.3 シミュレータ訓練の意義
  • 3. 訓練の価値
  • 3.1 基本的な考え方
  • 3.2 訓練価値の要素
  • 3.3 ケース・スタディ
  • 3.4 評価
  • 4. 今後の動向
  • 5. まとめ
  • 6. おわりに
  • 7 .参考文献

発行年

1994年 VE研究論文集 Vol.25

著者

三菱プレシジョン株式会社
整備訓練営業部
工藤孝之

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • DARE法
  • シミュレー夕
  • パイロット訓練
  • 仮想現実
  • 訓練コスト

購入

商品名:
フライト・シミュレータ訓練価値の一考察
品番:
r0320
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。