中小規模の建設会社における効果的VE実践システムの構築

論文

本年1月に実施された日本VE協会主催の第12回VEリーダー資格試験は4,057名の合格者を発表したが、今年も合格者数の75%を建設業とその関連業が占め、企業別合格者数も上位20社のうち建設業が15社、総合重機械メーカーや建設コンサルタントの関連業を含めると実に19社となり、建設と関連業がほぼ独占する形となっている。

この事は諸官庁のVE提案制度の導入と、企業評価にVE能力を加えたことや、昨今の民間分野での受注においても、VE手法の活用が欠かせなくなってきたことが、建設の関連業界にVEL取得の異常な高まりを持たれている要素になったことと思う。

他方、建設業界での受注競争は、相変わらずの明日無きコストダウン競争の状況にあり、この業界での生き残りをかけた戦いは、今後益々熾烈なものとなることが予想される。

本論文は、VEの基本理念を建設会社に導入し、VELを積極的に活用の上、実り無きコストダウン競争からの脱却を図り、合理性のあるコストダウンシステムを作り上げ、過酷な現況に対応できる企業体質を目指した、VE実践システムの構築について述べる。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 建設会社が利益を生むためのVE実践システムとは
  • 3. 実務分野での各部署とVEとの係わり
  • 4. その他の分野での組織とVEとの係わり
  • 5. 組織内におけるプロジェクトマネジャーのあるべき姿
  • 6. おわりに

発行年

2002年 VE研究論文集 Vol.33

著者

平山建設株式会社
工事部 施工準備室
渡邉正紀

カテゴリー

  • VE導入と定着化

キーワード

  • 一貫した利益管理体系
  • 企業内のプロジェクトマネジャー
  • 各分野でのVE手法の活用

購入

商品名:
中小規模の建設会社における効果的VE実践システムの構築
品番:
r0393
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。