VEと顧客満足・企業満足

論文

VEは製品の価値向上を図るツールであると言われているが、換言すれば顧客満足度向上と企業満足度向上の両者に寄与するものであり、その両者の向上を表すには価格(P)の関与が不可欠であることを数式を用いて説いた。またCSは一般に顧客満足度向上(Customer satisfaction)のみに使われているが、もう一つの意味合いとして企業満足度向上(Company satisfaction)のCSでもあるとし、両者の関係およびV=F/Cとの関係をも図解して明らかにした。このように両者のCSとVの関係を表現することでVEが企業経営になぜ必要か、自明の理とした。さらにCS向上活動の概要と組織、責任について多少触れた。後半には、CSの定量的評価はどうあるべきか、まず使用品質分析法を引用して機能(F)の定量的評価を示した。しかし、Fの評価は時々刻々変わる環境や顧客期待値の向上によっても変化するもので、価格(P)のダウンはまさにFの評価にリンクするものであり、顧客満足度はこのPの操作で維持されるのであるとの見解を述べた。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. VEとCSの関係
  • 3. CS向上活動
  • 4. CSの定量的評価
  • 5. まとめ

発行年

2004年 VE研究論文集 Vol.35

著者

日立建機株式会社
事業企画室 VEC推進部
後明廣志

カテゴリー

  • マネジメントとVE

キーワード

  • CS
  • satisfaction)
  • 企業満足(Company
  • 価値保証活動
  • 価値改善活動
  • 価格

購入

商品名:
VEと顧客満足・企業満足
品番:
r0418
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。