建築工事現場の生産性向上へのVE手法適用ノウハウ

論文

建築工事におけるVE検討は、設計・見積・調達・施工の各段階において、受注拡大や利益確保のために実施されている。施工段階においては、施工方法を改善する施工VEを積極的に行うべきであるが、施工VE提案数は多くない。これは建築工事に適合する効率的な施工VE手法が確立されていないためと考えられる。また、設計仕様変更によるVE検討は広く行われているが、この手法だけではコスト低減は限界に近づき、コスト低減に有効な施工VEの手法が求められている。

ここでは建築現場の生産性向上を目指した施工VEの適用ノウハウを提案する。製造業を参考にして、共同VE、現場観測、機能系統図の効率的作成方法などを適用した。この手法を実際のプロジェクトに適用し、十分な成果を確認したので紹介する。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 建築工事の特徴
  • 3. 生産性に関する製造業との比較
  • 4. 建築におけるVE検討についての現状と問題点
  • 5. 建築現場の生産性向上のVE手法について
  • 6. 考案したVE手法の試行
  • 7. 建築工事における改善の着眼点
  • 8. まとめ

発行年

2006年 VE研究論文集 Vol.37

著者

鹿島建設株式会社
建築管理本部 建築設備部
足立忠郎

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • ユニットバス据付
  • 全体最適化
  • 反転機能系統図
  • 建設VE
  • 現場観測
  • 生産性

購入

商品名:
建築工事現場の生産性向上へのVE手法適用ノウハウ
品番:
r0429
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。