有効的なフォローアップを行なうには

論文

今日の過当競争の中で,企業が生き残るには,いかに利益をあげ存続するかによって決定されます。それは,製品の技術,価格,販売力等により左右されます。

特に最近の情勢は,価格競争が表面化してきていることは事実です。この価格競争に打ち勝つためにも1個1個の部品単価が深く追求され,いかにしたら,"VE,コストダウン"ができるか,そのVE活動に多くの期待が寄せられています。

しかし,製品コストは,設計段階での製品仕様,設計によって,ほぼ決定されると言って過言ではありません。

従って,設計段階のVEは,製品コストに大きく影響を与えると共に,企業の原動力の1つとして重視され,今後,一層推進していかなければなりません。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. フォローアップの実態
  • 3. VEベクトル図
  • 4. VE実施例
  • 5. VEベクトル図を活用した結果
  • 6. VEベクトル図の見直し
  • 7. VE活動を継続するには
  • 8. おわりに

発行年

1975年 VE研究論文集 Vol.6

著者

日本コロムビア株式会社
音響第1設計部
今西良孝

カテゴリー

  • VEの適用局面

キーワード

購入

商品名:
有効的なフォローアップを行なうには
品番:
r0070
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。