VEを中心とした開発初期段階でのコストの作り込み

論文

新製品の開発に当たって,開発プロセスのどこでコスト・品質を作り込むかが,そのプロジェクトの開発効率に大きな影響を及ぼす。

目標コストに到達しないが故に,開発後期に再設計,再検証などの作業を強いることも多い。

そこで,VE手法を中心に,当社にある各種CR手法を組み合わせ,実施タイミング,責任部署等を整理した『コスト展開フロー』を作成し,最適活用を図った。

また,各種のケースに合った多くのCR手法がマニュアル化されているが,活用時に,最適のCR手法を選択するために"CR手法選択のためのツール"が必要となり,これを『コスト攻略マップ』としてまとめた。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. コスト攻略での問題点
  • 3. 当社の標準的開発ステップ
  • 4. コスト攻略でのあるべき姿
  • 5. コスト展開フローの概略
  • 6. 状況に応じた最適手法の選択
  • 7. おわりに

発行年

1990年 VE研究論文集 Vol.21

著者

いすゞ自動車株式会社
製品企画室原価管理Grp.
尾崎智志
いすゞ自動車株式会社
製品企画室原価管理Grp.
足立守

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

購入

商品名:
VEを中心とした開発初期段階でのコストの作り込み
品番:
r0265
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。