シャーシ引出し機構 -その代替案までの実践的進め方-

論文

検討者は2名,検討期間は30時間である。対象機種(カラーテレビ)は,コスト低減の必要があった。そのため,この機種から22項目のVE対象品が選ばれ,各項目ひとつひとつVEする計画がたてられた。シャーシ引出し機構は,そのひとつの項目である。

シャーシ引出し機構各構成部品の情報を収集し,機能定義を行ない,テストまで行なったが,主にその過程の進め方,考え方を中心に記述した。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. シャーシ引出し機構とは
  • 3. 機能定義によって不必要な箇所を見つける
  • 4. 機能整理
  • 5. 最上位機能でアイデアを出す
  • 6. コストの高い機能分野を選びアイデアを出す
  • 7. アイデアを出しアイデアを評価する
  • 8. 代替案作成(その1)
  • 9. 代替案作成(その2)
  • 10. テストと証明
  • 11. 今後の検討
  • 12. 効果

発行年

1970年 VE研究論文集 Vol.1

著者

日本ビクター(株)
品質管理部標準課
一ノ瀬宏
日本ビクター(株)
元・カラーテレビ事業部VE課
渡辺靖

カテゴリー

  • VE実例

キーワード

購入

商品名:
シャーシ引出し機構 -その代替案までの実践的進め方-
品番:
r0022
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。