RA(Right Angled)VEの考察 --要因解析をベースにした開発VEの展開--

論文

低成長経済の続く昨今,家電業界は性能,特徴(付加機能)に重点を置いた高額製品と,経済性重視の低価格製品との二極分化の傾向を,ますます強めている。

これらの影響を受け最近のVE界でも,0 Look VE,0.5 Look VEなど,それぞれ趣向をこらしたアプローチをし,各企業とも懸命の努力を続けている。

他方,製品は,一般的に図-1のごとく,市場開拓期から衰退期まで4段階の経過をとるが,企業にとって成長期,成熟期を,いかに長く持続出来るかが,その企業の繁栄につながる。作れば売れる成長期から,成熟期の顧客のニーズに合ったものを,いかに長く供給出来るかが,重要なポイントとなるのである。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 商品の成熟期を長く保つには
  • 3. 0 Look VEの繰り返しとゆきづまり
  • 4. RA VEの展開
  • 5. RA VEの考え方
  • 6. RA VEの具体例
  • 7. RA VEの実施例
  • 8. おわりに

発行年

1982年 VE研究論文集 Vol.13

著者

株式会社日立製作所
東海工場 資材部 VAユニット
藤沢二男

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

購入

商品名:
RA(Right Angled)VEの考察 --要因解析をベースにした開発VEの展開--
品番:
r0151
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。