機能系統図作成における特許活用の手法

論文

VE実施手順の機能定義段階で定義した機能は、アイデア発想の起点となり、価値の高い代替案を作成する上で重要となるが、従来のVE手法では、定義された機能が正しいか、抜けが無いかを客観的に確認することは難しい。
そこで本研究は、特許という外部の知識データベースを用いることで、機能の抜けが無い機能系統図を作成することを目的とし、特許を活用した機能系統図作成の手順を提案する。製品の改善VEに本手順を適用し、有用性を確認した。
本手順を用いて、特許から達成したい機能(目的機能)を抽出し、対象テーマの機能系統図に融合させることで、果たすべき機能という視点から機能の定義を行なうことができた。さらに、機能の抜けを防ぐだけでなく、上位の機能分野を定義することができ、より価値の高い代替案を作成できる可能性があることを示した。

目次

    1. はじめに

    2. 特許を有効活用するために必要な知識
    2.1 特許情報とその特徴
    2.2 特許分類
    2.3 特許を出願するに至った課題とその解決方法

    3. 特許情報活用の手順

    4. 製品改善VE への適用の結果
    4.1 適用対象テーマ
    4.2 手順1:対象テーマの機能定義
    4.3 手順2:特許の抽出
    4.4 手順3:目的機能の定義
    4.5 手順4:対象テーマの機能系統図と目的機能の融合

    5. 考察
    5.1 特許分類を活用した特許の絞り込みと目的機能の定義
    5.2 対象テーマの機能系統図と目的機能の融合
    5.3 機能評価・代替案作成段階での特許の活用

    6.おわりに

発行年

2015年 VE研究論文集 Vol.46

著者

株式会社IHI
技術開発本部 ものづくり推進部
課長代理
宮田 仁奈 VES
株式会社IHI
調達企画本部 グループ調達企画部 調達エンジニアリンググループ
主査
牧野 公一 CVS

カテゴリー

キーワード

購入

商品名:
機能系統図作成における特許活用の手法
品番:
r0501
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。