ウェイトリレーション法 --製品特性分析による軽量化VE技法--

論文

クレーン等の大型鉄骨構造物においては,重量軽減がコストダウンへの近道である。また,顧客サイドからも省エネ,省資源の見地で軽量化を求められている。

この軽量化を推進するに当り,単に製品構成要素のすべてについて,平均的に軽量化をはかるのではなく,重点ポイントを絞って取り組むことが望ましい。ウェイトリレーション法は,製品の構成要素間における重量の影響系統を分析し,また各要素のコストレベル(鉄骨構造物の場合は,一般的にトン当りコスト)を把握することにより,製品の特性をチャート上に表示させる分析手法である。

ウェイトリレーション法は,目標の割りつけ,重点ポイントの摘出に利用し,成果をあげている。以下,当事業所の製品である天井クレーンを対象例として説明する。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 重量影響度の考え方
  • 3. ウェイトリレーション法のステップ
  • 4. 具体的な運用と留意点
  • 5. まとめ
  • 6. おわりに

発行年

1982年 VE研究論文集 Vol.13

著者

株式会社日立製作所
笠戸工場 資材部VAセンタ 運搬機設計部
小川俊己
株式会社日立製作所
笠戸工場 資材部VAセンタ 運搬機設計部
辺城敏夫

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

購入

商品名:
ウェイトリレーション法 --製品特性分析による軽量化VE技法--
品番:
r0146
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。