原価管理とVEを融合した「開発3段階の原価企画とVE活動システム」

論文

大競争時代下で価格競争の厳しい家電業界では開発製品に対して、厳しい目標原価の設定と開発期間の短縮が必要である。しかし、収益確保に必要な厳しい目標原価を達成できずに製品化する事例がある。

本論文は目標原価未達の課題を改善するために、開発設計段階の目標原価達成手法である原価企画活動を1994年から実施してきた事例について目標原価未達の原因を分析評価した。この結果に基づいて、原価管理とVEを具体的に融合させてVE担当者が目標達成意欲をだせるシステマティックで組織的な活動をコンカレントにできる実践的な原価企画とVE活動システムを開発したのでこれについて述べる。

目次

  • 1. はじめに
  • 2. 原価企画とVEの定義
  • 3. 原価企画とVEの課題と改善
  • 4. 実践的な原価企画とVE活動システムの設計
  • 5. 目標原価の設定、割付展開とVE活動
  • 6. 開発3段階目標展開VEプログラム
  • 7. まとめと課題

発行年

1998年 VE研究論文集 Vol.29

著者

名古屋純也

カテゴリー

  • 開発設計とVE

キーワード

  • VE
  • 原価企画
  • 原価管理
  • 構想VE
  • 生産準備VE
  • 目標原価(企画原価)
  • 見積原価
  • 設計VE

購入

商品名:
原価管理とVEを融合した「開発3段階の原価企画とVE活動システム」
品番:
r0360
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。