部品と型を統合したVEのための原価見積と着眼点

論文

製品を対象にVEを行う場合、コスト低減と機能向上がその目的となる。このコスト低減を考える上で、従来のように部品コストだけを対象にしていては不十分である。

昨今の企業を取り巻く環境は技術革新のスピードが速く製品の寿命はますます短いものとなってきているので、相対的に総生産量が縮小しているからである。

したがって、型と部品をトータルで見たVE活動指針が重要となり、この活動指針を作るための諸条件についてまとめた。

目次

  • 1. 部品と型を統合したVEの背景と目的
  • 2. 実施のタイミングと環境作り
  • 3. 金型コストテーブル
  • 4. 評価のための運用基準
  • 5. 部品と型を統合したVEの着眼点
  • 6. 結論

発行年

1999年 VE研究論文集 Vol.30

著者

キヤノン株式会社
CE本部 TCE推進部
松岡隆文

カテゴリー

  • VEの適用局面

キーワード

  • 着眼点
  • 見積システム
  • 評価ルール
  • 金型コストテーブル

購入

商品名:
部品と型を統合したVEのための原価見積と着眼点
品番:
r0375
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。