機能部品メーカーに有効な攻めと守りの原価企画

論文

企業が永続的に発展するためには、それぞれの製品が必要利益を確保していかねばならない。そのための方策として原価企画が有効である。しかし、従来発表された原価企画は、どちらかというと完成品メーカー(例えば自動車とか、家電製品等)の新製品開発段階における展開方法に関するものが多く、部品メーカー(この場合、機能分野ごとに引合いを受けて生産している専門メーカーをいう)にとって活用しづらいものが多かった。

本論文では、部品メーカーにとって有効な原価企画の展開方法を、戦略・戦術的観点から望ましい「あるべき姿」を示すと共に、効果的に推進するための具体的方策として、①攻めの原価企画②守りの原価企画③要素別VE の3つの活動を効果的に組み合わせる方式を提案する。そして、これら3つの活動における現状の問題点を明確にし、その対応策として具体的ステップを示し、各ステップがなぜ必要なのか、また、なぜそうせねばならいのかについて解説する。

目次

  • 1、はじめに
  • 2、部品メーカーにおける原価企画の在り方
  • 3、攻めの原価企画………モデル開発
  • 4、守りの原価企画………引合い後の採算確保活動
  • 5、要素別VE
  • 6、終わりに
  • 7、注および参考文献

発行年

1998年 VE研究論文集 Vol.29

著者

カヤバ工業(株)
岐阜南二輪工場 設計部・原価企画室
新田仁志

カテゴリー

  • VEテクニック

キーワード

  • VE
  • モデル開発
  • 原価企画
  • 要素別VE

購入

商品名:
機能部品メーカーに有効な攻めと守りの原価企画
品番:
r0364
価格:
540 円(税込)

この論文はPDF版をご購入いただけます。
ご希望の方は「カゴに入れる」ボタンをクリックしてください。